相談時の症状)
両側のバルトリン腺囊胞あり。5年前に左を切開。
今回は右が腫れて2日前に切開した。現在痛みはないが囊胞が残っているため、手術(開窓術)を勧められている。
切開がすごく痛かったので、できれば手術はしたくない。過去に自壊したことなし。

漢方薬服用後)
服用5日後に違和感を感じる。
6日後、痛くなりその後自壊。大量に排膿した(カフェオレ色の膿)。痛みがなくなり腫れもなくなった。

「漢方薬は苦くて飲みにくかった」と言われながらも頑張って続けてくださいました。自壊したことがない両側バルトリン腺囊胞で、体質的につまりやすい方ですが、大量に排膿して自然治癒の嬉しい報告をいただきました。

漢方薬は体全体の状態をよくしてくれるので、両側のバルトリン腺が腫れている場合にはとくに適しています。
漢方薬で体質改善することで、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。

  • 再発を繰り返している
  • 両側のバルトリン腺が腫れている
  • 痛い処置や手術を受けたくない

という方はぜひのさつま薬局にご相談ください。専任の女性薬剤師が親身になってお悩みに対応します。

詳しくは⇒バルトリン腺 漢方

専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ