来局時53歳 医学的診断:膀胱炎
主訴)膀胱炎症状を頻繁に繰り返し病院で猪苓湯の頓服でコントロールしている。できれば膀胱炎を再発しない体質になりたい。
子宮筋腫で3ヶ月前に子宮・卵巣全摘術をしてから症状を繰り返すようになったとのこと。エストラーナテープを使用している。

漢方による原因分析)
「症状による中医診断と治療」によると頻尿の弁証には膀胱湿熱・腎陰虚・腎気不固・肺脾気虚がある。この方は卵巣摘出後からの発症、冷えや疲労時での悪化、足の冷えや沈脈から腎陽虚による腎気不固が原因と分析。

方針)温腎補陽、舌苔が地図状なので最初は健脾も併用

改善結果)
煎じ薬で八味地黄丸料を選び、健脾で黄耆・党参、腎陰を消耗させないよう寒性の利水滲湿薬の車前子を加える。
1ヶ月後頻繁に感じていた膀胱炎の下腹部の違和感がなくなる。黄耆・党参と清熱化瘀の牡丹皮を抜いて補肝腎の枸杞子を加える。
2ヶ月後足の冷えがなくなってきた。車前子を抜いて牡丹皮を加える。
4ヶ月後まで継続し、膀胱炎の再発が治まっているため再診なし。

発症してからの期間が短いため早く結果が出せました。病気の本が腎虚の場合、補腎薬が比較的胃腸の負担になるため健脾をしてから補腎をしっかり続けると漢方薬の効果が発揮しやすいです。

 

 

男性の不妊症に対しては、有効な西洋医学的治療法が確立されていません。
男性不妊の場合、これといった自覚症状もなく、病院からの漢方薬を服用されていらっしゃる場合もありますが、ほとんどの方は効果を実感していません。

ですが、これまでの経験から漢方は男性不妊と相性が良いと思います。
ただし、その方に合った効果の高い生薬を選んで使うことが重要です。
精子濃度・運動率を改善したいということであれば、比較的短い期間で数値を改善できる場合が多いと思います。
男性の場合、女性の妊娠のメカニズムほど複雑ではないので、費用も女性に比べると少ないことがほとんどです。

【35歳精子濃度・運動率が低く、顕微授精を3回するが上手くいかない】

なるべく短期間で成果をだす為には、積極的に動物性生薬を使用します。
この相談者には、中国で生殖機能減退改善に使用される漢方を日本人の体質に改良した漢方薬を服用してもらい、加えて生活上の養生をアドバイスをしました。
約2ヶ月後に再検査したところ、
精子濃度⇒約5倍
運動率⇒約3倍
に改善しました。
その後の顕微授精でグレードの良い受精卵ができ、妊娠されました。

 

4~5月と転居等で今までのように来局できなくなった方からお問い合わせが多かったので、改めてご案内いたします。

おかげさまで、さつま薬局鹿児島本店には鹿児島県内全域及び他県(東京・福岡・長崎・熊本・宮崎など)からの相談をいただいております。
遠方のため毎月の来局が難しい方や、転居により来局できなくなった方につきましては、電話・メールなどでフォーローできる体制を整え、継続的に的確な漢方薬の調整や養生指導を行っております。その際は、必ず新住所・連絡先をお知らせくださいますようお願いします。

もちろん、お仕事や上のお子様の都合で毎回の来局が難しい方もご相談ください。

※初回は必ず来局して頂いております。
じっくり時間をかけて体の状態を分析判断し、納得された方のみ漢方薬を購入して頂いております。

【41歳 主治医から不妊治療の中止を検討するように言われたが、漢方薬で体を整え妊娠】

来局時40歳 不妊期間9ヶ月 AMH0.31 
不妊治療歴)タイミング療法5回 体外受精を予定している

漢方薬を始めてすぐに体外受精を開始。採卵するも異常卵などで受精卵ができない。
AMHが低く、良い卵が採卵できない状況から、主治医からは不妊治療の中止の提案あり。
ご夫婦の意向で再度採卵するが未熟卵、授精できず。
一旦不妊治療をやめて、約3ヶ月間漢方薬服用のみとし、体を整える。
治療を再開し、3回目の採卵の結果、4個採卵でき、分割胚2個(共にグレード1)と胚盤胞2個。子宮の状態が良くそのまま新鮮胚移植し、妊娠反応陽性。その後、胎嚢・心拍確認。

この方はAMHが低く(閉経間近の数値)、主治医からは不妊治療の中止の提案され、妊活を続けるかを迷っていました。
初回漢方相談で体づくりは1年位かかるという気持ちで・・と伝えていたことから、焦らずに体づくりに取り組みました。
結果、年齢は重ねたものの自分の持っている妊娠力を引き出し、11ヶ月で妊娠されました。

検査値や年齢は妊娠力の一つの指標ではあります。
ですが妊娠力は総合力です。
治療で解決できないところも、自分の力をうまく引き出してチャンスを活かすことができた例だと思います。

 

来局時34歳女性 病名:円形脱毛症 医学的原因:不明 既往:子供の時アトピー性皮膚炎
○来局時の希望:引越しのためストレスで円形脱毛症が後頭部に1個できた。4ヶ月前から頭皮湿疹で皮膚科にて抗アレルギー剤の内服とステロイド軟膏で治療中。1ヶ月前から円形脱毛症ができたので、漢方薬でできるだけ早く良くなりたい。

漢方による原因分析)
肌は乾燥しやすく元来血虚体質。脱毛前に湿疹があり頭皮の状態が悪く、口唇の瘀班やストレスから瘀血により毛母細胞を滋養できず発症。頭皮の瘀血は生じて間もないため早期に瘀血を改善できれば多発型になることを防げる。
方針)通穴活血、補血は補助

改善結果)
通穴活血湯を基本に煎じ薬で調整。赤芍・乾地黄・桃仁・紅花・酸棗仁・菊花・遠志・党参・黄耆・生姜を1ヶ月服用。脱毛部から新しい毛が生え始める。煎じ薬を継続し、新たに脱毛が生じることもなく、長く治療している頭皮湿疹も9割改善し終了。

※毛母細胞が一時的に何らかの原因によって障害されることで発症し、栄養障害説、遺伝説、ストレス説など考えられているが原因は不明となっている。治療は、ステロイド外用や塩化カルプロニウム外用、難治例では局所免疫療法、PUVA(光化学) 療法、凍結療法などを行う。と西洋医学ではなっている。(あたらしい皮膚科学第2版,中山書店)

中医学では原因は、血熱・瘀血・気血両虚・肝腎不足などから毛根が滋養を受けることができずに、頭髪が抜け落ちるとなっている。治療は原因に合わせた方剤の内服と桂枝、紅花などのチンキ剤を一つ或は複数を交互に外用する。(中医皮膚科学,東洋学術出版社)
当薬局は内服薬のみで肌の異常な状態を体の内側から改善していくことを目標にしている。赤みや痒みがある炎症疾患であれば数日で軽減させていくことを目標にしているが、円形脱毛症の場合は炎症がないため数ヶ月かけて軽減させていことを目標にしている。

瘀血は時間経過とともに排除しにくくなり、更に脱毛部が広がっていく。今回のように、発症してすぐに瘀血に対処できると症状の回復が早くなる。

 

いきなりですが、みなさんは毎日心穏やかに過ごしていますか?

もちろん日々生活する中で誰しも喜怒哀楽はあると思いますが、

  • 人よりストレスを感じやすい性格である、とか
  • ストレスフルな環境で生活されている

というのであれば、妊娠しにくい原因のひとつです。

しかも、不妊が長引くとそれだけでストレスです。
毎月の生理も、
基礎体温を測るのも、
不妊治療で通院するのも
あれこれストレスになります。
不妊が原因でご主人との関係も上手くいかなくてストレスを感じることもあるでしょう。

最近の不妊相談は、体外・顕微授精で失敗を繰り返したあとに、新たな方法を模索して漢方を始められる方が多くの割合を占めるようになりました。
長引く治療のストレス、タイムリミットからくる焦り、周囲からのプレッシャー
など大変な思いをされています。

日本人は、とくに女性は我慢強いです。
でもストレスを甘くみてはいけません。
ストレスによるバランスの崩れは妊娠しにくい原因になります。
なぜなら、生殖機能というのは体のいろんな機能の中でいちばん後回しになってしまうからです。

ストレスが溜まりやすいと、自律神経のバランスが悪くなり、脳は本能的に危険と感じて、生命活動で優先順位の低い生殖機能は後回しになります。
その結果、女性ホルモンが減ったり生理が乱れたりというような影響を受けます。

心と体は一心同体です。
まずはストレスを溜め込まない。
と同時にストレスに強くなるように体をしっかり整えておく必要があります。

出産したら、いつも寝不足でいつも疲れている生活が当たり前です!
多少のストレスでびくともしないような体を作りましょう。

 

そもそも、「体外受精」は、体外受精以外では妊娠成立が不可能と考えられる方に使用される技術です。

  • 卵管閉塞などの卵管に問題がある
  • 排卵障害
  • 精子に問題がある
  • 抗精子抗体など免疫学的問題がある
  • 原因がはっきりしないが妊娠に至らない(原因不明不妊・機能性不妊)

現在体外受精の適応でもっとも多いのは原因不明不妊です。
ですが、原因不明というのは正しくありません。
正確には、「原因をはっきりさせる検査がない、現時点で医学的な検査ではわからない」ということです。

じつは、日本の体外受精件数は圧倒的多さで世界一です。
こんなに体外受精が行われている国は他にはないというくらい多いです。

しかし、
1回の採卵あたりの出産率は世界最低。
世界平均のわずか1/3程度しかない。(世界平均は約20%に対し日本は6~7%)
日本では結果のでない体外受精が膨大に行われているという現実があるのです。

原因不明不妊の場合、不妊治療は治療と言っても実際には何かを治すわけではなく、治療の積み重ねによる改善もないです。
治療がどうのこうのと言うつもりは一切ありません。
けれど、治療を受ける側も不妊治療についての考えを整理して、努力が実る人が少しでも増えるようになって欲しいなと思います。
何度も体外受精を失敗してきた方が、体づくりして自然妊娠したり、体づくり後の体外受精でうまくいったりされるのを目の当たりにして、心身の負担や経済的負担の大きい治療は、なるべく少ない回数で成功するように準備をすることは必要であると思います。
限られた時間とチャンスを活かすために。

 

来局時41歳 医学的診断:子宮筋腫
主訴)7年前に子宮筋腫が見つかり経過観察してきた。年々大きくなり8~10cmが2個あるため手術を勧められた。できれば漢方薬で手術をしないですむようにしたい。

漢方による原因分析)
子宮筋腫は、瘀血もしくは痰湿が原因の場合が多い。体調や渋脈から瘀血が主な原因と分析。

方針)活血化瘀

改善結果)
煎じ薬で甲字湯を選び、血虚が少しあるため補血の当帰に塊を減らすために破血消腫の三稜莪朮を加える。
1ヶ月毎に便通や体調で生薬の割合を変え漢方薬開始3ヶ月後病院で検査。
筋腫2個は6~8cmに縮小し手術せず経過観察でよいと診断された。
子宮筋腫が小さくなり、体調も良くなったと相談者からとても喜んでいただいた。

同じ病名でも体質は様々であり、同じ処方でも体質に合わせて生薬を加減することでしっかりと結果が導きだすことができます。
子宮筋腫は閉経まで大きくなるので、今後も大きくならないように体のバランスを整えていくことが大切です。

 

 

先のブログリニューアル一回目で「漢方で一発逆転はない」の記事を書きました。
これは、漢方は素晴らしいものですが魔法の薬ではなく、あなた自身が妊娠力を上げていくサポートをする役割だと伝えたかったからです。
ですが、実際は漢方開始1~3ヶ月で授かった方や、もう無理と諦めかけていた方で授かった方も結構いらっしゃいます。
どんな方が一発逆転で授かることができたのか、少し紹介してみたいと思います。

31歳 不妊期間3年 多嚢胞性卵胞症候群 
不妊治療歴)タイミング療法6回 人工授精4回 ステップアップして体外受精を検討している
→漢方薬を始めた翌月に妊娠

不妊期間が数年になる方が、漢方薬開始わずか1ヶ月目で妊娠されることは時々あります。このような話を聞くと漢方薬は魔法の薬のように思えますね(笑)
この方は妊娠力があと少しのところで上手くいかず、足踏み状態が続いていたのです。この場合、漢方薬で少し後押ししてあげることで体が妊娠できる状態になります。
不妊期間が3年と長かったので、体外受精を検討されていましたが、自然に授かることができました。妊娠力が足りない場合は、治療のステップアップだけで解決するのは難しいです。

1 / 2012345...1020...最後 »