来局時37歳 医学的な不妊の原因:左卵管閉塞、潜在性高プロラクチン血症、AMH1.67、子宮内膜症
1人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法 1ヶ月 

漢方による原因分析)
○むくみ、低AMH、甲状腺腫、生理周期が短い、肌の色、年齢などから腎虚
○左卵管閉塞、子宮内膜症、生理痛、舌、基礎体温などから瘀血

方針)補腎を2段階で。第一に腎陰を補ったのち、腎陽に取りかかる。加えて活血化瘀。病院治療は継続。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加香附子益母草の処方で開始。処方調整しながら継続。
7ヶ月後、初めての体外受精、初期胚1個、胚盤胞3個まで育ち1個胚盤胞を移植したが陰性。
10ヶ月後、子宮内フローラの検査でラクトバチルス菌が少ないことが分かり一貫堂竜胆瀉肝湯加益母草紫根と亀板膠製品を継続。
12ヶ月後、凍結胚移植予定のため安胎一号方加減を煎じ薬と製品で組むがすでに排卵していたため移植はキャンセル。
13ヶ月後、排卵が早まらないように党参を減らし補気目的に黄耆を加えて、ストレス対策で香附子を加えて凍結胚移植。妊娠陽性、1週間後に胎嚢確認。35歳以上で1人目のため安胎薬は補腎を重点にした処方で継続。

西洋医学的検査の結果を考慮しながら漢方薬を選んで体質改善をしていくことはとても重要です。体外受精をする前に漢方薬で体を整え妊娠力をつけられたことが、体外受精1回で成功に繋がったのだと思います。

来局時30歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して2年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法4ヶ月

漢方による原因分析)
○足・下腹部の冷え、オリモノの変化(-)、子宮頸部異形成、アレルギー疾患、腎炎の既往、基礎体温、脈などから腎虚
○頭痛、生理前後のニキビ、感情の起伏、左卵管高度狭窄、生理痛、血塊、舌、基礎体温などから瘀血
○睡眠中目が覚める、口渇、ふくらはぎがつる、血流計から血虚

方針)補腎養血、活血化瘀の漢方と効果を高める養生法を提案。

改善結果)当帰製剤、丹参製剤、牡蠣肉製品、水蛭製品をD12から開始。病院の内診で卵胞はまだ小さい。普段生理周期が25~26日だが、D29でも高温期が続いていたため妊娠検査にて陽性反応。水蛭製品のみ中止。1週間後に胎嚢確認。以降安胎の処方を継続。

漢方薬を開始する以前の基礎体温は高温期への移行がダラダラと数日かかっていた。服用開始後すぐ高温期へスムーズな立ち上がり、その後安定した高温期が継続し妊娠した。この方は、排卵や卵管采による取り込みがリズムよく機能していなかったのかもしれません。漢方薬を多めに使うことで一気に妊娠のするための機能があがったことが短期間での妊娠に繋がったと思います。

妊娠力は総合力です。数年間不妊だった方が漢方薬を開始直後の周期に妊娠されるというのは、珍しくありません。全ての歯車がかみ合ってうまく機能し始めるとあっという間に結果が出ることもあります。

来局時41歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH40代相応
1人目を希望し3年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:顕微授精3回 (4回胚盤胞移植のうち1回妊娠するが初期流産)

漢方による原因分析)
○体の冷え、手足のほてり、むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、腎機能障害の既往、脈、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、生理痛、おしりの痛み、舌、基礎体温などから瘀血
○口渇、肌の乾燥、目の疲れ、生理量が少ない、舌、脈から血虚
○食欲が一定しない、胸焼け、イライラしやすい、舌から肝鬱
方針)活血化瘀、補腎充精、疏肝の漢方薬をしながら、残っている凍結胚を移植するもしくは採卵して移植する予定。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
4ヶ月後、安胎一号加減の処方に変更し、以前の凍結胚盤胞を移植したが陰性。
5~11ヶ月後、六味丸料合補中益気湯加減と亀板膠製品を調整しながら採卵を2回し、グレードの良い胚が採れる。2回目の移植でhCGが2桁まで上がるが胎嚢確認できず。この頃には長年の悩みであったお尻の痛みが完全に消失した。
12ヶ月目、舌が赤く充血しておりホルモン剤が原因の虚熱と考え地骨皮、清肝と解毒の菊花を加える漢方薬で体を整えながら採卵し胚盤胞を凍結。
13ヶ月目、安胎一号加減にし、凍結胚盤胞移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢確認。
14ヶ月目、安胎のための補腎と養血の漢方を継続。

年齢が40代で焦りがあると言われていましたが、それでもこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で13ヶ月かけて妊娠されました。
長年悩まれていたお尻の痛みがなくなったことで着床障害の原因となる瘀血が改善できたこと、卵の質を上げるために補腎を続けていたことが妊娠するためのポイントだと考えています。

来局時43歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し6年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法24ヶ月、体外受精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、希発月経、年齢などから腎虚
○子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、肩こり、ひどい生理痛、舌、脈、基礎体温などから瘀血

方針)漢方を3ヶ月続けてから体外受精をしたいと希望があり、採卵まで活血化瘀<補腎充精。採卵後には活血化瘀>補腎充精

改善結果)
煎じ薬は芎帰調血飲第1加減に鼈甲製剤を1日2包。毎月生薬を調整し3ヶ月後には生理痛が軽減。
4ヶ月目自然妊娠し胎嚢は確認できたが心拍が確認できず流産。「とても残念だけど自然妊娠できたことは嬉しかった。この調子で体づくりに取り組んでいきます」とのこと。
6~11ヶ月目流産から体の回復を良くして体力をつけるための処方を調整しながら継続。
12ヶ月目採卵しグレード1の胚を凍結
13ヶ月目凍結胚移植⇒妊娠反応(+)その後胎嚢、心拍確認。

年齢的に焦りもあったと思いますが、不妊治療のストレスを感じさせない明るく前向きな方で、あまり神経質にならずコツコツと継続して頑張られた成果がでて良かったです。

しばらくお休みしていた薩摩川内店の漢方相談の新規受付を再開しました。

薩摩川内店の漢方相談は、「女性による女性のための漢方相談」です。担当する相談員は、もともと調剤事務として入局しましたが、漢方相談をしたいということで医薬品登録販売者の資格を取り漢方の勉強をしてきた女性です。
妊活・不妊相談が主ですが、月経前症候群(PMS)、無月経、更年期障害など女性特有のお悩みにも対応します。

さつま薬局は、これまでの漢方相談の実績から、独自のノウハウを積み上げてきました。
病院治療で成果が出なかった方に結果をだすのは非常に難しいことですが、さつま薬局では一貫して再現性のある方法を追求してきました。相談者の体質や体の状態に適した漢方薬を運用し、養生法(食事や生活習慣)をお伝えすることで、少しでも多くの方に漢方薬の不思議な力を実感していただけるように努力します。

薩摩川内店の漢方相談は相談料無料です。予約優先ですのでなるべく事前に予約(0996-20-0324)をお願いします。

※上記以外のお悩み、また漢方煎じ薬の処方を希望される方は鹿児島本店で承ります(相談は完全予約制)。

 

来局時28歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、高プロラクチン血症 一人目を希望して1年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月

漢方による原因分析)
○足の冷え・むくみ、腰痛、生理周期が遅れる、大学生の時2年間無月経だった、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、喘息、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、右卵管狭窄、ひどい生理痛、脈、舌、基礎体温から瘀血
○頻繁にできる口内炎、厚舌苔胖大舌から脾虚体質
方針)養血化瘀、健脾補腎
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀健脾で芎帰調血飲を基本処方で理気活血の延胡索を加え、益母草を増量。

改善結果)
1ヶ月後、真冬だが朝起きたときに体が温かくなっているのを感じる。同処方継続1ヶ月分。
5ヶ月後。転勤で県外に引越したため漢方薬を3ヶ月間中断していた。久しぶりの来局。基礎体温がギザギザと変動が大きく2層になっていない。不妊治療は休んでいる。35日目だが生理が来るか心配。咳も続いている。環境変化によるストレスと瘀血による無月経を改善するため折衝飲に疏肝の柴胡と肺気の鬱滞を除き下腹部の気の流れを整える桔梗を加えて1ヶ月分処方。それでも生理来ないときは病院受診するよう促す。
6ヶ月後。48日目に生理。生理痛少し。咳あり。ストレスで歯ぎしり。折衝飲に補腎陰の熟地黄麦門冬、疏肝で香附子、解鬱・涼血の川玉金を加える。
7ヶ月後。基礎体温が2層になる。喘息の薬は続けているが咳がでる。折衝飲合養陰清肺湯。
8ヶ月後。以前は3日間痛み止めが必要だった生理痛が1日程度になった。ニキビ、吐き気、基礎体温の低温期が高くなっているので少腹逐瘀湯に袪湿の平胃散。
9ヶ月後。生理痛半日程度。吐き気、咳治まっている。手の乾燥あり。養精種玉方加減。
10ヶ月目に自然妊娠、心拍確認。

医学的な不妊の原因となる病名を多く持っている方です。一時は生理も遅れがちで基礎体温も2相になっていませんでした。県外へ引っ越しで、環境変化によるストレスから体の状態がなかなか整わない時期もありました。こつこつ良いことを積み重ねて、自身の妊娠力を引き出し自然妊娠することがました。ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善することで妊娠に繋がったのだと考えています。

「体づくりってどんなことをするんですか?」
と質問されることがよくあります。
何か特効薬を飲んで、妊娠する力をつけると思っている方もいますが、そうではありません。
 
ざっくり言うと、
「自分の妊娠力を上手に引き出してあげること」です。
皆さんは自分の体と向き合っていますか?

よく体外受精を何度しても妊娠できない方が、「自分がとても妊娠できるとは思えない」と言われます。不妊治療に一生懸命になるあまり、これ以上妊娠する為にどうすればいいのかわからないと思われているようです。

女性は誰でも妊娠して出産する力を持っています。ですが、様々な理由でその力を発揮出来ていないのが不妊状態です。
 
「不妊治療をしても妊娠できない=体づくりのスタートラインに立ったほうがいいよ=まだまだすること結構あるよ」
 

受精・着床するために、妊娠・出産するためにもっとも大切なことは何でしょうか?
今のままの体の状態で治療を続けて結果が大きく変わるでしょうか?

体づくりは、漢方的な見地で、妊娠する為に不足しているものを補い、余分なものを取り除き、巡りの良い状態を目指すことです。漢方薬と養生で不妊状態から抜け出すアプローチをして、妊娠力を上手に引き出してあげることです。

今あなたの体に起こっていることは結果であって、原因はすべて自分の過去によるものです。裏を返せば、これからの過ごし方でいくらでも体は良くなっていくし、これまでは自分の本来の妊娠力を引き出せていない状態で治療をしてうまくいかなかっただけだということです。
まずは、自分の状態(生理・基礎体温・便通・睡眠・疲労度など・・・)を把握し、もし身体に起きている不調があるなら、何かのシグナルです。体の状態を無視して突き進むも、今一度チェックして改善するも自分次第です。
体づくりはセルフケア・セルフメンテナンスです。
病院で出来ないことは自分で取り組んでいくしかありません。

3ヶ月の可愛い女の子です。ご家族で遊びにきてくれました!
漢方で体づくりを頑張られて無事に出産されました。
出産は大変だったようですが、産後のお母さんの体調も良いとのこと。
初めての育児で大変だと思いますが、元気に子育てを楽しんでいただきたいです。

元気よく泣く赤ちゃんの声、とても可愛くてこちらも元気が出ます。

来局時55歳 女性  医学的診断:更年期障害
主訴)動悸、不眠、のぼせ
5ヶ月前、疲れているとき運転をして過呼吸のような症状になった。それ以来、不定愁訴に悩み病院でミオナール50、ラベプラゾール10、グロリアミン配合、マイスリー5、デパス0.5などの治療を受けている。病院で加味逍遙散エキス顆粒を服用したが手足に力が入らなくなり、体が重怠くなったため中止。

漢方による原因分析)
動悸、胸のざわつき、頭部の圧迫感、上半身ののぼせと下肢の冷え、舌胖大、白滑苔などから水飲凌心、病院で心臓の弁の動きが悪いと言われており舌色が暗紅色から活血が必要と分析。

方針)温陽化飲、活血通絡

改善結果)
煎じ薬で苓桂朮甘湯に活血で紅花・赤芍・川芎・丹参、少し疏肝をするために香附子、不安感を鎮めるために平肝潜陽の牡蛎を加える。
1ヶ月後自覚症状はあまり変わりないとのこと、顔色に艶がでてきている。補腎陽の真武湯と咳が出そうな感じがするとのことなので半夏厚朴湯の合方にする。
2ヶ月後足の暑い時期でもこたつで温めるという冷えがなくなり、いつの間にか眠れるようになりマイスリーやデパスがいらなくなった。咳も出なくなり、胸のざわつき感が良くなった。

発症してから5ヶ月と期間が短いため早く結果が出せました。デパスなどを6ヶ月以上服用していると50%の方は常用量内依存ができるので、西洋薬飲まなくても大丈夫な状態になるのは難しいです。病院で処方された加味逍遙散は更年期障害でよく使われる処方ですが、血虚という状態がないと的外れな処方になってしまいます。この方はのぼせがありますが、肝鬱からの化火が原因ではないので熱を冷ます牡丹皮・山シ子が入っている加味逍遙散で体調が悪化したのだと考えられます。更年期障害という同じ病名でも中医学的に分析してそれぞれの原因に適した漢方薬を選ぶことで体の反応がまったく違ってきます。