34歳 女性、骨髄異形成症候群(MDS)、煎じ薬を初めて約9ヶ月。

漢方薬を開始してすぐに倦怠感などの自覚症状は改善したのですが、その後体調が悪化し3月の検査で血小板が3.7万個/㎕まで低下してしまう。この時期、倦怠感と強い背中の痛みが現れ、日常生活に支障がでる。痛みで睡眠も良くない。

煎じ薬の処方を、血液を作る目的に変更し、煎じ薬と併せて杞菊地黄丸と牡蠣肉エキスを服用してもらったところ、背中の痛みが無くなる。
5月の検査で、血小板数4.5万個/㎕に回復。
その後、血球や血小板を増やす鶏血籐・阿膠・大棗を帰脾湯の加減処方に追加し、7月の検査結果が以下です。
血小板5.8万個/㎕ 赤血球 304万 白血球 5300

血小板数が大幅に回復し、その他の血球数も改善してきました。
先に脾虚の状態を改善させたので漢方薬による検査値の改善の効果が早かったのだと思います。
何より、倦怠感と強い背中の痛みが改善し、日常生活に支障が無くなったと喜ばれました。
この方は血小板の数値が季節により変動があるのですが、前年の同時期よりも良い数値でした。

 

そして、今回の煎じ薬です。
胃腸の調子が良くなってきたので胃腸の生薬を減らし、補血の当帰などの生薬の割合を増やしました。
今後は血小板数が8.0万以上になることを目指します。
もっと喜んでもらえるように漢方薬を科学的視点で運用したいと思います。
西洋医学が苦手な部分を、漢方薬でどこまでサポート出来るか追求していきます。

38歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症 一人目を希望して1年5ヶ月して来局
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2回 人工授精1回 体外受精1回

漢方による原因分析)
○足冷え、むくみ、生理周期が遅い、年齢、脈、基礎体温などから腎虚
○肩こり、経血の塊、肌のシミ、舌、基礎体温から瘀血
○よく汗が出る、唾がよく出る、下痢しやすい、落ち込みやすい、舌から脾虚
方針)健脾養血、活血化瘀、補腎充精
来局時タンポポ茶を服用されていたが、体質的には不要と判断し中止してもらう。
採卵に向けて、腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠、健脾養血で帰脾湯、活血化瘀で丹参製剤。
移植に向けても方針は大筋で同じだが、過去に妊娠反応が出たことがないので、より温かい子宮になる生薬に変更。

改善結果)
約1ヶ月後に採卵。グレード1の分割胚と胚盤胞を4個凍結。胚盤胞まで成長したのは初めてとのことで喜んでいただけました。移植に向けた体づくりで、補腎を亀板膠・鼈甲膠と蛙の卵管の製品、健脾を化痰作用もある香砂六君子湯とし1ヶ月服用。その後、補腎を蛙の卵管と補腎温陽効果の高い鹿茸と健脾の生薬が少し入った製品を服用して胚移植。妊娠陽性反応、胎嚢確認。

33歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 二人目を希望
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法1回

漢方による原因分析)
○足の冷え、夜のトイレ、耳鳴り、生理周期が遅れる、遅めの初潮年齢、脈、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、舌、基礎体温から瘀血
○汗をかかない、肌の乾燥、眼精疲労・充血、ふくらはぎがツル、イライラ、生理周期の遅れから肝血虚、
方針)養血化瘀、補腎養肝
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀で芎帰調血飲を基本処方で補肝腎陰で女貞子などを加味し、不要な乾姜などを減らしました。

改善結果)
漢方薬を始めたその周期に妊娠陽性反応。その後、胎嚢確認。
30代前半の2人目不妊の場合、体質のバランスが大きく崩れて無い場合でも月3万円以上の予算で十分な漢方薬を使えれば短期間で妊娠される方が多いです。

久しぶりのリビングカルチャー倶楽部「輝く女性のための漢方教室」開催が決定しました。
1回目は7/27(木)19:00~20:30「夏の疲れ、日差しによるシミ」
2回目は8/24(木)19:00~20:30 「体の不調やお肌の乾燥」
女性限定。今回はイオン鴨池教室にて開催。
事前に申し込みが必要です。
リビングかごしま7月1日号に掲載されています。
詳しくはコチラから

 

 

さつま薬局 子宝便り vol.25発行しました。

今月のテーマは”夏の養生”です。

この時期は、高温多湿により汗をかきやすくなります。
中医学では「暑(暑さ)」は「気(生命エネルギー)」を消耗させるといい、必要以上に大量の汗をかくと、水分とともに 「気」(生命エネルギー)も消耗してしまうので、体がエネルギー不足となります。
これにより、だるい・やる気が出ないなど夏バテの症状が現れやすくなります。

夏の養生は、心身を上手に「発散」すること、そして「冷飲を避けて脾胃(ひい)をいたわる」こと。

そのほか妊活に役立つ情報をお届けしています。
7月1日より配布いたしております。

41歳 二人目不妊
医学的な不妊の原因:年齢 
○来局時の不妊治療歴:顕微授精4回

妊娠を希望して4年。漢方で体調を整えて、不妊治療の成果を出したいと来局。

 漢方による原因分析)
○足の冷え、足のむくみ、首筋のコリ、耳鳴り、めまい、オリモノが少ない、妊娠糖尿病、基礎体温などから腎虚
○軽度の生理痛、経血の塊、基礎体温、などから瘀血

方針)活血化瘀と補腎益精の2種類の漢方薬と併せて効果を高める養生法を提案。

改善結果)遠方からの相談者の方でしたので、来局できない時は電話でやりとりして調整しながら、粘り強く1年5ヶ月漢方薬を継続していただきました。42歳で妊娠、43歳で無事女児を出産されました。第一子妊娠中に妊娠糖尿病になり、二人目の時も覚悟されていたそうですが、二人目の時は妊娠糖尿病にならずにすんだそうです。産婦人科の先生もビックリだったようで何かしたのと聞かれたそうです。「自分でも思い当たるのは漢方薬を続けていたことだけなので、漢方薬にすごく感謝しています。」とおっしゃっていただき嬉しかったです。

さつま薬局 子宝便り vol.24発行しました。

今月のテーマは”女性ホルモンその2 プロゲステロン”です。

女性ホルモンの一つである「プロゲステロン」は「黄体ホルモン」とも呼ばれ、
女性が妊娠・出産するためにはなくてはならないホルモンです。

卵巣の中で卵胞が十分に発育し排卵が起きると、卵胞は黄体とよばれる状態になって大量の黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌するようになります。プロゲステロンは、排卵後から次の月経が始まるまでの間に分泌されます。

「子宮内膜の増殖」に深く関係しており、黄体の働きが十分でなくプロゲステロンが不足すれば着床障害の要因となります。黄体の機能がうまく働かないことを「黄体機能不全」といいます。

漢方の体づくりでは、自身の力で自然に必要な量のホルモンを分泌できるようにして妊娠しやすい体を目指します。

そのほか妊活に役立つ情報をお届けしています。
6月1日より配布いたしております。

現在、さつま薬局の漢方相談は、鹿児島本店は私が常駐して対応し、川内店は私が月1回出勤するという体制で行っています。川内店の相談日が限られておりご迷惑をお掛けしている状況です。
「川内店の漢方相談日をもっと増やしてより利用しやすくしたい」ということと、「私自身が症状・体質に合わせた煎じ薬に没頭したい」ということもあり、6月から漢方相談の体制を変更しようと思っています。

川内店の漢方相談は、「女性による女性のための漢方相談」として6月から新たにスタートする予定です。担当する相談員は、もともと調剤事務として入局しましたが、漢方相談をしたいということで医薬品登録販売者の資格を取り漢方の勉強をしてきた女性です。彼女は川内店で毎日勤務するので、漢方相談がいつでも受けられるようになり川内店の利便性が良くなると思います。
これまで通り不妊症の相談が主ですが、月経前症候群(PMS)、無月経、更年期障害など女性特有のお悩みにも対応します。女性なので女性のお悩みの相談しやすくなると思います。

私は、これまでの漢方相談の実績から、独自のノウハウを積み上げてきました。
病院治療で成果が出なかった方に漢方薬で結果をだすのは非常に難しいことですが、一貫して再現性のある方法を追求してきました。その法則に乗っとり漢方薬を運用すれば成果が出せると実感しています。そのための知識をしっかり身につけた彼女が漢方相談をすれば喜んでもらえる方が増えるだろうと思っています。

おかげさまで、これまでに漢方相談で目標を達成された方々から「もっと漢方薬の良さをたくさんの人に知ってもらった方が良い」と言っていただいています。

6月から、新しい相談体制でスタートし、また少しでも多くの方に漢方薬の不思議な力を実感していただけるように努力します。

2 / 1712345...10...最後 »