基礎体温が1相のままで病院でカウフマン療法を繰り返していた方です。
漢方薬を続けられて3周期は基礎体温が2相になるようになっていました。
今回の周期は残念ながら1相のままで再度カウフマン療法をすることになりました。

煎じ薬は益五合方を加減、動物製剤は亀板膠・鹿角膠と牡蠣肉で効果がでていたのですが、今回煎じ薬を調整しました。
健脾を利湿のある茯苓から補気作用ある白朮に変更し、補腎活血の牛膝、補肝腎陰の女貞子を加え、調和目的の炙甘草を中止しました。
また体内を整えて妊娠する力を取りもどすことを目指します。
早くこの方にもコウノトリがやってくるよう精一杯サポートいたします。
今下の生薬を煎じています。

明けましておめでとうございます。
休みの間は漢方書3冊・薬学誌1冊・医学書1冊・その他書籍1冊の読書とジョギングなどで楽しみました。

今年最初の子宝相談の方です。
体外受精のための採卵スケジュールに合わせた漢方を希望とのことでした。
芎帰調血飲を基本処方に選び加減しました。この漢方薬に卵を作るために重要な腎の機能を高める動物性生薬も一緒に服用して頂きます。

今から上の生薬を抽出機で煎じます。
少しでも体の機能を上げられるように生薬を選びました。
ご相談者に幸せを届けられるように心を込めて作ります。

 

病院の不妊治療で成果がみられないため、治療効果を上げるために子宝相談に来られている方です。
生理痛も改善し、基礎体温もキレイな2層になってきていますが、卵胞の育ちが悪いとのことでした。
肌も乾燥しやすく、脈は細弱で基礎体温の低温期が少し高めなので、補陰の効果を高めて体のバランスをとり卵胞の育ちも改善しようと思います。

この調子で、さらに妊娠力を高めて子宝に恵まれことを願っています。

病院で子宮内膜が厚くならないため妊娠は難しいと言われ漢方相談に来られた方。
1ヶ月服用したところ生理痛や血塊が改善し、1番の変化は経血量が増えたということで喜んでいただけました。
自然妊娠に必要なオリモノの分泌はある方なので、瘀血をしっかりとって卵と子宮内環境を改善していくことが目標です。
今は出血量が増えたことで体内の血が一時的に減っています。
そのため今回は経血の素にもなる腎陰を補う生薬を加味した処方にしました。
妊娠にはタイムリミットがあるため、焦る気持ちが出てくるのは自然な感情だと思います。
しかし、子宝を授かるためには少しずつ妊娠力をつけていくことが一番の近道です。
後押しできる漢方薬を提供できるよう頑張ります。

dsc_0299

この方は、体外受精などの不妊治療の効果を高めたいということで、1ヶ月前から漢方を始められました。

漢方薬を飲み始めて、朝の目覚めが良くなり、仕事での疲れやすさがかなり改善されたとのこと。
これらは妊娠とは何の関係もなさそうな自覚症状ですが、妊娠する力を測るには重要なことです。
実際に西洋医学においても、妊娠しにくい原因は、健康でないことにより生命維持のためにエネルギーが使われ、生殖機能にエネルギーが回らないからだと考えられています。

漢方は健康になるための実践医学として発展した歴史があります。
もし西洋医学で成果でない場合は、漢方薬を使って異なるのアプローチをすることで滞っているエネルギーを動かし眠っている力を引き出してあげます。

この方は、漢方の基本構成成分である「気」・「血」・「水」の中で1番重要な「気」の機能が回復し、体調がよくなってきました。
今回は、「血」の巡りを改善する生薬の割合を増やした処方で漢方薬を作りました。
この調子で体調を整えていき元気な赤ちゃんを授かりましょう。

14743409562461526606854

1ヶ月分(60包)の煎じ薬パックを作りました。