新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、日本生殖医学会からできる限り妊娠を避け、不妊治療を中断することを求める勧告が出されました。(2020 年 4 月 1 日時点)
現時点では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染の妊娠や新生児への影響が不明であり、母体・胎児の安全確保や、医療機関で医療従事者へ院内感染防止のために、今後新たな情報が得られるまでの間、新規治療の開始を見合わせること、不妊治療に関連するその他の非緊急処置をすべて延期することを推奨するものです。

この勧告に伴い、不妊治療を変更または中止するなど、子供を望む多くのご夫婦が困難な状況に置かれると考えられます。不妊治療は、すぐに成果が出る方ばかりではなく、治療を受けられないことが焦りやストレスを感じる方も少なくないと思います。

ピンチはチャンスといいますが、不妊治療をお休みしなければならない今こそ体づくりに取り組むチャンスではないでしょうか。
妊娠にはあなた自身の健康がとても大切です。体づくりは、妊娠するための土台となるもっとも重要な部分です。コツコツと良いことを積み重ねておけば、確実に前に進むことができます。妊娠できる体の状態を作っておくことで、可愛い赤ちゃんを授かるという目標に近づくことができます。

さつま薬局では、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で外出を自粛されていたり、来局が難しい方は、お電話での相談を受けていますので、ぜひご利用ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明(2020年4月1日版)

新型コロナウイルスの影響で外出を自粛されていたり、どうしても来局が難しい方は、お電話での相談を受けています。
妊娠・出産にはタイムリミットがあります。体づくりは、1日でも早く始めることで積み重ねで妊娠・出産につながります。
電話相談でもきちんと時間をとってお悩みに寄り添い、サポートしますので、お気軽にお電話ください。Tel: 099-800-4339 まずは相談のお時間について調整させていただきます。お電話の場合、相談料はかかりません。

 

 

来局時39歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症、卵管の通りがやや悪い
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○下半身の強い冷え、年齢などから腎虚
○下半身(腰・足先)の冷え、鎮痛剤が必要なほどの生理痛、経血のレバー状塊などから血虚による瘀血

方針)養血化瘀、補腎
病院治療の効果を高めるための体づくり希望。2~3周期体づくりをしながらタイミング療法で様子を見て、その後は体外受精をする予定。

改善結果)
1~2ヶ月目、補腎動物生薬は自社牡蠣肉製品、養血化瘀は丹参製剤、当帰製剤を処方。便秘気味だったのが便通が毎日になった。薬を飲むほどだった生理痛がほとんど無くなった。経血の塊も気にならない程度に減少。
3ヶ月目、体外受精をすることになり、採卵に向け動物生薬の亀板鼈甲製品を追加。
4ヶ月目、7個採卵→6個受精。1個を新鮮胚移植し妊娠反応陽性。

生理痛や経血のレバー塊、高プロラクチン血症、年齢が40歳目前ということで、体外受精に備えての体づくりしたいと来局されました。漢方を3ヶ月服用し、生理の状態や冷えが改善したところで治療を開始となりました。採卵の結果もとても良く、新鮮胚移植でスムーズに妊娠することができて良かったです。漢方で体の準備して体外受精に臨んだことで、自身の妊娠力を上手に発揮してうまく結果が出せた症例だと思います。

来局時32歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症、AMH1.0ng/ml
1人目を希望し2年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法14ヶ月、人工授精3回、体外受精2回、顕微授精1回、妊娠反応(-)

漢方による原因分析)
○背中の冷え、足のむくみ、夜中トイレに毎日起きる、腰痛、無苔暗紅、低AMH、TSH3.6、生理周期が短いなどから腎虚(陰>陽)
○足先の冷え、毎日目が覚める、多夢、便秘、動悸、経血の塊(+)、舌下静脈怒張、数脈などから血虚による瘀血

方針)体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血化瘀。基礎体温は綺麗なので、化瘀と補腎陰のバランスをとり、数脈をなくしていく。

改善結果)
亀板膠製品と煎じ薬で芎帰調血飲加酸棗仁杜仲女貞子の処方で開始。また甲状腺の専門クリニックを紹介し、チラーヂン服用開始となる。
2ヶ月目、クロミッド法で成熟卵3個採卵し体外受精にて新鮮胚移植するが陰性。
3ヶ月目、睡眠や便通など改善してきている。数脈、先辺舌暗紅あるため、煎じ薬は逍遙散合四物湯加牡丹皮・蒲公英に変更し、動物を亀板膠製品と牡蠣肉製品に変更。クロミッド法で2個成熟卵を採卵し、グレード1の初期胚とABの成熟胚盤胞を凍結。
4~8ヶ月目、治療を休んで漢方薬だけで体づくりをしていく。
9ヶ月目、動物製品はそのままで、煎じ薬は六味丸料合八珍湯加丹参・黄耆・香附子に変更。二段階移植で初めて妊娠陽性反応でるが、胎嚢確認できず。
9~13ヶ月目、FSHが高くなったのでカウフマン療法を受けながら、漢方薬を調整していく。
14ヶ月目、採卵予定。動物は変更せず、煎じ薬を逍遙散合四物湯加女貞子・丹参・陳皮・牡蛎に変更。体外受精にてグレードgood’の中期胚盤胞を凍結。
15ヶ月目、凍結胚移植予定。数脈の所見はない。牡蠣肉製品とシベリア霊芝と八珍湯加香蘇散料加丹参・牡蛎に変更。凍結融解胚移植にて妊娠陽性→胎嚢確認。その後、牡蠣肉製品と安胎薬を継続。

来局以前に、体外受精を数回受けて移植したが妊娠反応が一度もでない。年齢は若いが、AMHが低く不安と焦りを感じている方でした。
漢方・中医学では、体を整えれば自然と精神面もゆとりがでると考えます。心と体に余裕がでることで待望の赤ちゃんを授かることが出来たのだと思います。

来局時36歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH0.7ng/ml
1人目を希望し5年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12ヶ月、人工授精5回、体外受精2回、顕微授精3回 (移植するも陽性反応なし)

漢方による原因分析)
○むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、耳鳴り、脈、低AMH、年齢などから腎虚
○末端冷え(冬は霜焼けになることもある)、頭痛、肩こり、生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○便秘、目の疲れ、舌、脈から血虚
方針)病院治療を休んでいる間体づくり希望。養血化瘀、補腎充精。

改善結果)
亀板膠製品、丹参製剤、当帰製剤を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
12ヶ月目、生理の状態や基礎体温など良い。病院で子宮鏡検査を受けるが異常なし。
17ヶ月目、亀板膠製品、丹参製剤、当帰製剤、鹿茸製剤を使って周期調節法で服用する。
25ヶ月目、同処方継続。クロミフェン法にて2個採卵。そのうち1個受精卵になり、胚盤胞まで成長させる予定が分割停止。再度採卵するため、卵胞の成長力をつける目的で低温期の亀板膠製品を増量。
27ヶ月目、同処方継続。クロミフェン法にて2個採卵、2個とも胚盤胞まで成長し凍結。
32ヶ月目、漢方薬を始める以前に複数回移植するが妊娠反応がでなかったこと、漢方薬を始めて生理・基礎体温など整っているが2年以上も妊娠していないことから、亀板膠を免疫調整機能で反復着床不全に良い報告のあるシベリア霊芝製品へ変更。
37ヶ月目、同処方継続。凍結融解胚盤胞移植。初めての妊娠陽性反応、その後胎嚢・心拍確認。
38ヶ月~出産まで、流産予防の安胎処方を継続。→元気な女の子を出産されました。

病院治療を休んでいる間コツコツと漢方薬で体づくりをしてこられました。
漢方薬を始める以前は何度も体外受精・顕微授精をしても妊娠反応がでたことがなく、治療を受け続けることを一旦休んで体づくりをし、再度治療を始められ妊娠されました。期間がかかりましたが無事に妊娠できて本当に良かったです。

体外受精・顕微授精では、妊娠率に最も重要なことは採卵時の年齢であるということがわかっています。
今回の場合、一般的に考えれば、採卵時の年齢が2~3年経過しているということは妊娠する可能性は低くなります。
しかし、漢方薬で体の機能を整えることで、以前と同じ治療で妊娠という結果になりました。
来局時(36歳)に妊娠を希望して5年が経過しており、その間体外受精・顕微授精を複数回試みるも上手くいかななかったことから、体質的にはかなり妊娠しにくい状態だったと思います。妊娠に年齢は重要ですが、成果がでないまま不妊治療を受け続けるより、一旦立ち止まり漢方で体を整えることで、結果的には前進し妊娠できるのではと考えています。

来局時33歳 医学的な不妊の原因:多囊胞性卵巣症候群(PCOS)
1人目を希望し4ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月

漢方による原因分析)
○冷え、腰痛、首筋のこり、日中排尿10回、多囊胞性卵巣症候群(PCOS)、基礎体温、脈尺弱、舌無苔などから腎虚
○肩こり、暗紅舌、舌下静脈怒張、基礎体温などから瘀血

方針)病院治療を続けながら体づくりを希望。補腎化瘀で質の良い卵を育てる力をつけていく。

改善結果)
煎じ薬で芎帰調血飲加桂枝・白芍・鶏血籐と亀板膠製品を組み合わせて開始。病院ではクロミッドでタイミングの予定。
2~6ヶ月目、漢方薬は亀板膠製品から牡蠣肉製品へ変更して、煎じ薬は滑脈と体温が高いまま生理が始まることから竜胆瀉肝湯加丹参・女貞子など調整していく。病院では、タイミングを続け、ステップアップして人工授精を2回する。
7ヶ月目、舌薄苔、脈有力に改善される。牡蠣肉製品と杞菊地黄丸料加丹参・女貞子・香附子・続断・赤芍に変更。体外受精にステップアップし、ショート法にて11個採卵。それぞれ体外受精と顕微授精し、グレード1の新鮮胚を移植。胚盤胞4個凍結。
8ヶ月目、安胎、もし上手くいかなくても次の周期での移植を考え、牡蠣肉製品と当帰散料合香蘇散料加党参・丹参・続断に変更。妊娠陽性反応、胎嚢・心拍確認。

不妊治療を長く続けて妊娠できないということで来局される方が多い中、早い段階で不妊治療効果を上げたいということで来られました。出来るだけ早く妊娠したいということで、ステップアップを早めに決断され、1回目の体外受精で妊娠されました。33歳の体外受精の妊娠率は38.5%(参考:データから考える不妊症・不育症治療,メジカルビュー社)だが、相談者は1回の移植で妊娠できたことから、漢方薬で舌や脈などの漢方的な異常所見が改善されることが、体外受精の妊娠率改善に効果があるのではと考えられます。

【対象】妊活中で体質改善を検討中の方 
【内容】予約制。鹿児島店限定。個別妊活相談。簡単な体質チェック・(基礎体温をつけている方は)基礎体温表のチェック・漢方での体づくりについての解説
【受付日】月曜~木曜日限定 (一部除外日あり)
【予約方法】Web予約のみ 前日までにご予約ください。
【費用】相談料無料(漢方薬代は別途)

・漢方が気になっているけどなかなか一歩を踏み出せずにいる方
・体のために何か始めたい方
・妊活が行き詰まっていて悩んでいる方

あなたの体質や今の状態をチェックして、妊活中の悩みや疑問など、日頃なかなか聞けないことを話してみてませんか?
相談は女性薬剤師(子育て中)が対応します。
Web予約ページから、「【月曜~木曜日限定】無料妊活相談」を選んでご予約ください。お好きな日時を選んで予約できます。
※小さなお子様連れはご遠慮ください。

【担当薬剤師プロフィール】
田之上顕子(たのうえあきこ)/1977年鹿児島市生まれ 熊本大学薬学部卒 
お客様との会話が元気の素!妊活中の女性のデリケートな気持ちに寄り添い、明るく前向きな気持ちになっていただけるお手伝いができたらと思っています。漢方美容相談も承っています。趣味はショッピング。2児の母。

来局時34歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して3年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○足のほてり、冷え、腰痛、夜中のトイレ、生理周期が遅れる、基礎体温、脈などから腎虚
○口渇、経血の塊、イライラ、脈、舌、基礎体温から瘀血
○足のほてり、口渇、食べ過ぎ、イライラ、蕁麻疹などから陰虚傾向

方針)養血化瘀、補腎(先に補陰)
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と折衝飲加香附子益母草の煎じ薬。

改善結果)
1ヶ月目、漢方服用4日目で生理周期23日目に生理が始まる。前回の生理量が少なく基礎体温も一層なので不正出血の可能性。婦人科の受診を勧奨。多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)・潜在性高プロラクチン血症と診断される。
2~12ヶ月目、病院治療をインターバルで併用しながら漢方薬を調整していく。
13ヶ月目、自力で排卵できるようになっていたので、動物生薬を牡蛎肉製品に変更、その後妊娠陽性反応、胎嚢確認(一卵性双生児)
 ~出産まで 安胎処方を継続 →元気な双子の男の子を出産されました。

中医婦人科の基本アプローチである基礎体温を2相にすることを目標として、多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)で生理周期が遅れるため排卵誘発剤を併用しながら体づくりをしていきました。ご主人が単身赴任中でタイミングがとりずらい不利な環境もあり、体外受精を検討されていましたが、結果的に体外受精をせずに授かることができました。
少し期間が長くなりましたが、ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善し、自身の妊娠力を引き出せたことで妊娠に繋がったのだと考えています。

 

来局時43歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、子宮筋腫、AMH0.609ng/ml
1人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:体外受精1回、顕微授精1回(2回とも卵子に問題があり移植に至らず)

漢方による原因分析)
○むくみ、低AMH、年齢、脈、体外受精、顕微授精で受精卵できないなどから腎虚
○卵巣嚢腫、子宮筋腫、舌などから瘀血
○夜間の中途覚醒、胃痛、舌などからやや肝の疎泄機能低下

方針)自然周期体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血を主に。舌苔が厚く食べ過ぎる傾向にあるためまずは食積をとる。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加香附子丹参山査子陳皮半夏の処方で開始。
1ヶ月目の体外受精で受精卵が育ち移植するも陰性だったが、初めて移植まで進めたので本人は漢方の効果を実感され喜ばれる。
2~6ヶ月、漢方薬は山査子・半夏を抜いて党参・酸棗仁など加えたり、シベリア霊芝など使ったりし、自然周期体外受精を2回行い胚盤胞を凍結。
7ヶ月後、凍結胚移植、妊娠陽性→胎嚢確認。流産予防の安胎薬を継続。その後、心拍確認。→妊娠時は44歳、その後45歳で元気な女の子を出産されました。

この相談者は、以前薬局を経営されていたという自身の母親から「不妊治療するなら漢方も一緒に飲んだ方がいいよ」と強く薦められて来局されました。来局前に2回の自然周期体外受精をしていましたが卵子に問題があり移植まで至らない状況でした。漢方で体づくりに取り組んで少しづつ先に進むようになり、半年かけて良い結果につながりました。年齢が高い方やAMHが低い方の場合、本来の機能を抑制し過ぎないように採卵する自然周期体外受精と、本来の妊娠力を引き出す漢方薬との相性がいいのではないかと思います。