来局時39歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、潜在性高プロラクチン血症、AMH0.34ng/ml、卵巣機能低下(FSHが高い)
1人目を希望し4年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法6ヶ月、人工授精1回、顕微授精2回

漢方による原因分析)
○体の冷え、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、膀胱炎になりやすい、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、ひどい生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○よく汗が出る、胃がもたれる、便秘、疲れやすい、目の疲れ、子宮内膜が薄い、舌、脈から気血両虚

方針)漢方をしばらく続けてから顕微授精をする計画。活血化瘀、補腎充精、補気養血。

改善結果)
漢方製品を組み合わせて服用開始。まもなく生理時に鎮痛剤を飲まないで過ごせるようになる。
6ヶ月後、1回目の採卵。8分割胚(グレード2~3)を1個凍結。
8ヶ月後、脈弱が改善されないため煎じ薬(種子方加減)と亀板鼈甲製品に切り替える。
10ヶ月後に凍結胚移植⇒陰性。
13ヶ月後、2回目の採卵。1個採卵でき授精したが分割が止まる。動物性生薬を紫河車製品と牡蠣肉製品に変更。ご主人も漢方薬の服用を始める。
16ヶ月後、3回目の採卵。2個採卵でき8分割胚(グレード1)と胚盤胞(4BC)を凍結。AMHが低いのでひき続き採卵することに。
19ヶ月後、4回目の採卵。1個採卵でき授精するも分割停止。採卵は中止して移植をすることに。
22ヶ月後、凍結胚移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢心拍確認。
23ヶ月~出産まで、流産予防の安胎処方を継続。→男の子を出産されました。

30代から数年間不妊治療をして、40歳になるタイミングで漢方薬を始められました。来局以前から顕微授精をされていましたが、AMHが低く、採卵が難しい状況でした。年齢やAMH低いなどで焦る気持ちもあったと思いますが、地道にこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で22ヶ月かけて無事妊娠されました。悪い条件ながら諦めずに努力を続けた結果です。
AMHが低い場合でも、体を整え自身の妊娠力を上手に引き出してあげることで、限られたチャンスを活かすことが大切だと思います。

来局時43歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、子宮筋腫、AMH0.609ng/ml
1人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:体外受精1回、顕微授精1回(2回とも卵子に問題があり移植に至らず)

漢方による原因分析)
○むくみ、低AMH、年齢、脈、体外受精、顕微授精で受精卵できないなどから腎虚
○卵巣嚢腫、子宮筋腫、舌などから瘀血
○夜間の中途覚醒、胃痛、舌などからやや肝の疎泄機能低下

方針)自然周期体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血を主に。舌苔が厚く食べ過ぎる傾向にあるためまずは食積をとる。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加香附子丹参山査子陳皮半夏の処方で開始。
1ヶ月目の体外受精で受精卵が育ち移植するも陰性だったが、初めて移植まで進めたので本人は漢方の効果を実感され喜ばれる。
2~6ヶ月、漢方薬は山査子・半夏を抜いて党参・酸棗仁など加えたり、シベリア霊芝など使ったりし、自然周期体外受精を2回行い胚盤胞を凍結。
7ヶ月後、凍結胚移植、妊娠陽性→胎嚢確認。流産予防の安胎薬を継続。その後、心拍確認。

この相談者はご実家が以前薬局を経営されていたそうで、相談者はお母さまから「不妊治療するなら漢方も一緒に飲んだ方がいいよ」と強く薦められて来局されました。漢方での体づくりに取り組んで、移植まで至らなかった自然周期体外受精が少しづつ先に進むようになり、半年かけて良い結果につながりました。年齢が高い方やAMHが低い方には、自然周期体外受精は本来の機能を抑制し過ぎないように採卵するので、本来の妊娠力を引き出す漢方薬と相性がいい治療法であると思います。

甲状腺機能低下症は、不妊や流産、早産、妊娠高血圧症候群などのリスクになります。
近年、「潜在性甲状腺機能低下症」と不妊症との関係が注目されています。
潜在性甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモン値は正常(基準値内)だが、不足する手前の状態で状況により治療が必要となります。とくに、妊娠を希望される女性においては、甲状腺機能を正常に保つことが重要です。

最近の報告では、潜在性甲状腺機能低下症と原因不明不妊との関連が統計学的に示され、米国臨床内分泌学会及び米国甲状腺学会のガイドラインにおいて、潜在性甲状腺機能低下症で妊娠を希望される女性においては、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が2.5mIU/ml以下になるように、甲状腺自己抗体(抗マイクロゾーム抗体、抗サイクログロブリン抗体)陽性の場合甲状腺ホルモン薬を投与すること、陰性の場合は投薬を考慮することとなっています。(参考文献:吉村泰典:生殖医療ポケットマニュアル、医学書院、P66~67、2014)

当薬局でも、必要がある場合は不妊症に理解のある甲状腺専門の病院を紹介して検査をうけてもらっています。

来局時31歳 医学的な不妊の原因:特にない、不育症の検査も異常ないが、やや双角子宮である
不妊期間2年2ヶ月 一人目
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、疲れやすい、基礎体温などから腎虚
○頭痛、生理痛、感情変化、基礎体温、舌、便通2,3日に1回、血流計などから血虚による瘀血

方針)病院治療の前に2回妊娠して2回とも早期流産しており、生理痛や頭痛で月10回程度鎮痛剤を飲んでいるので、まずは活血化瘀を中心に補腎充精をしていく。病院治療は休んで体づくりでの妊娠を希望。

改善結果)
亀板膠製品と折衝飲の基本処方に加減した煎じ薬を服用開始。
1~3ヶ月目、鎮痛剤の服用回数が半減(月5回程度)。その他の不調も改善しているので、補腎疏肝にポイントをもっていく。延胡索を中止し、党参・香附子を追加。亀板膠製品を牡蠣肉製品に変更。
4ヶ月目、頭痛で鎮痛剤を服用することもほとんど無くなったので、より活血から補う方向とする。桃仁・紅花・赤芍から茯苓・生姜・大棗・桂枝・白芍に変更。2週間後妊娠陽性反応。その後、順調に胎嚢・心拍確認。流産予防の安胎薬を継続。⇒元気な女の子を出産されました。

5ヶ月の病院でのタイミング療法治療で妊娠しなかったのに、漢方薬で体づくりをして妊娠できたことに本人はビックリされていました。
また、2回妊娠しても8週と9週で流産していたため本人は赤ちゃんが産めないのではと不安だったようです。妊娠後も漢方薬を続け過去の週数を超えて21週目に改めて「漢方薬のおかげ」と話されてました。
2回連続の流産から反復流産や不育症に入ります。双角子宮も不育症の原因になり、漢方薬で子宮の形態を変えることは出来ませんが女性が本来持つ妊娠を継続するための力を引き出すことで流産を防ぐことが出来ると考えています。
原因不明不妊の場合、漢方薬で妊娠する方向に体を整えることが大切です。漢方薬は毎日続けていくことで少しずつ妊娠するための体力をつけていきます。そのため、妊娠力が不足して原因不明不妊となっている場合は、最適な漢方薬と養生で体を変えていくのが一番の近道です。→元気な女の子を出産されました。

来局時34歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して3年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○足のほてり、冷え、腰痛、夜中のトイレ、生理周期が遅れる、基礎体温、脈などから腎虚
○口渇、経血の塊、イライラ、脈、舌、基礎体温から瘀血
○足のほてり、口渇、食べ過ぎ、イライラ、蕁麻疹などから陰虚傾向

方針)養血化瘀、補腎(先に補陰)
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と折衝飲加香附子益母草の煎じ薬。

改善結果)
1ヶ月目、漢方服用4日目で生理周期23日目に生理が始まる。前回の生理量が少なく基礎体温も一層なので不正出血の可能性。婦人科の受診を勧奨。多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)・潜在性高プロラクチン血症と診断される。
2~12ヶ月目、病院治療をインターバルで併用しながら漢方薬を調整していく。
13ヶ月目、自力で排卵できるようになっていたので、動物生薬を牡蛎肉製品に変更、その後妊娠陽性反応、胎嚢確認(双子の赤ちゃんでした)。

中医婦人科の基本アプローチである基礎体温を2相にすることを目標として、多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)で生理周期が遅れるため排卵誘発剤を併用しながら体づくりをしていきました。ご主人が単身赴任中でタイミングがとりずらい不利な環境もあり、体外受精を検討されていましたが、結果的に体外受精をせずに授かることができました。
少し期間が長くなりましたが、ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善し、自身の妊娠力を引き出せたことで妊娠に繋がったのだと考えています。→双子の男の子を出産されました。

68歳 女性 骨髄異形成症候群(MDS) 
《X-1年7月の検査値》
血小板8.8  白血球 2.6 ヘモグロビン 12.0
《X-1年8月の検査値》
血小板8.0  白血球 3.0 ヘモグロビン 12.6
《X-1年9月の検査値》
血小板7.3  白血球 2.8 ヘモグロビン 12.5
《X-1年12月の検査値》
血小板7.0  白血球 3.8 ヘモグロビン 12.0
《X-1年3月の検査値》
血小板6.0  白血球 2.2 ヘモグロビン 11.5
上記のように血小板が減少してきている。骨髄異形成症候群と診断されているが、病院では経過観察するだけなので、漢方薬で少しでも対策をとりたいという希望でX年3月に来局。

漢方による原因分析)
〇小水日中10回、疲れやすい、腰痛、年齢、脈尺部弱から腎虚
方針)出血もなく、疲れやすい以外は自覚症状がほとんどないが、歯茎は淡白で血虚があり、舌暗紅は陰血不足を反映しているので、まずは腎精を補充するベース作りに牡蠣肉とビタミンを配合した製品を選択。改善みられなければ、鹿茸などの補腎精血の生薬を追加する。

改善結果)自社の牡蠣肉・栄養素配合製品を服用してもらったところ、3ヶ月後の検査で改善。「血小板が8万以上に回復したので、次回から血液内科がある総合病院(家から遠い)から近所のクリニックに移ってよいと言われた。うれしい。」と電話でご報告。

骨髄異形成症候群(MDS)を発症後も疲れやすいという以外は自覚症状がない方だったので、漢方のアプローチが取りにくい方でした。しかし、検査結果と僅かな身体所見を、「腎精が不足すると、骨髄は空虚となる」と骨髄の造血機能を「脾の運化・統血機能」という中医理論で解釈し、牡蠣肉と栄養素の組み合わせで体づくりをすることで血小板の減少傾向を止めることができました。65歳以上の骨髄異形成症候群(MDS)でも、血小板数減少を漢方中医学的アプローチで改善できることを示唆する事例でした。

骨髄異形成症候群(MDS)症例

骨髄異形成症候群の悩みに漢方療法で対応します。
漢方薬の料金は約30日分18,000~53,400円(税抜)です。(予算・症状により)
電話相談・代引き配送も承ります。(鹿児島本店 電話099-800-4339)直接来局される場合も事前にお電話ください。
骨髄異形成症候群の相談料は無料です。お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

来局時35歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して1年5ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○冷え・むくみ、耳鳴り、排卵前オリモノの変化がない、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、動悸、感情面、舌、基礎体温から肝鬱瘀血

方針)養血化瘀、補腎
病院治療の効果を高めるための体づくり希望。肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠製品と養血化瘀疏肝で芎帰調血飲を基本処方で安神活血の丹参を加える。

改善結果)
1~12ヶ月目、基礎体温と体調を見ながら煎じ薬を調整し継続。パートナーの精子数が少なく運動率が悪いため人工授精を数回試みるも陰性。
13~14ヶ月目、動物生薬を牡蠣肉製品に変更、煎じ薬を調整がながら継続。
15ヶ月目、人工授精で妊娠反応陽性、胎嚢・心拍確認。

パートナーの精子数や運動率に問題があり、人工授精が必要なご夫婦でした。ご主人も漢方薬を飲んでいただきました。医師からは人工授精では厳しいかもと言われていましたが、体外受精をすることなく妊娠できました。期間かかりましたが、夫婦2人で協力して漢方薬で体づくりすることで妊娠に繋がったのだと考えています。→元気な男の子を出産されました。

”今よりもっときれいになりたい” ”いつまでも若々しくいたい” など、理想の自分になるには表面的なケアから一歩進めて体質改善が必要です。

肌や体の調子で悩んでいる人に新提案。
簡単毎日飲むだけであなたのきれいと元気を育てていきます。
漢方には肌老化の原因とされる「冷え」や「瘀血(おけつ)」を改善する知恵があります。不妊相談で女性をケアしてきた経験と実績のあるさつま薬局が提案する飲みやすく続けやすい美容漢方。

美容漢方は相談料無料。気になる体質チェックもできます。
費用はご予算に合わせて1日分が154~630円、1ヶ月分より処方いたします。
美容漢方相談は鹿児島本店のみ、女性薬剤師が対応します。予約優先ですのでまずはお電話ください。

【さつま薬局鹿児島本店】
〒891-0143
鹿児島県鹿児島市和田1丁目8-1サンシテイ21ー1F
※国道225号沿いサンキュー和田店近く
電話099-800-4339

来局時34歳 医学的な不妊の原因:なし
2人目を希望し1年1ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法7ヶ月、人工授精4回

漢方による原因分析)
○足の冷え、足のむくみ、疲れやすい、経血量少ない、肌の乾燥、口渇、便秘、寝汗、舌苔無、基礎体温などから腎虚(陰>陽)
○冬の手先の冷え、経血の塊、生理前のイライラ、舌、基礎体温などから瘀血

方針)漢方で体づくりをしてから体外受精をする計画。活血化瘀、補腎充精、午前中胃もたれや舌苔無のため健脾と一人目の時は高プロラクチン血症のためカバサールで自然妊娠したとのことなので疏肝も少し足す。

改善結果)
芎帰調血飲加白芍竜眼肉人参鶏血籐の煎じ薬、牡蠣肉製品を服用開始。
2ヶ月目、便まだ硬いため当帰増量、地骨皮を加える。
3ヶ月目、便通、寝汗改善してきたので同処方継続し、ショート法で採卵し2日目の新鮮胚移植にて陽性、その後胎嚢確認。
また、採卵した15個うちの13個が体外受精と顕微授精にて受精し、使用しなかった卵のうちAAを含めて4BB以上の良好胚盤胞を8個凍結した。

 

舌暗紅無苔で陰虚が強いため通常人参ではなく党参を使用するが、舌裏は淡紅であったのと寒い時期であり足の冷えがあったため、一緒に使う牡蠣肉との相性も考慮し人参を選薬した。また人参による陽の上亢を防ぐため健脾作用もあり心血を養う竜眼肉を加えていたが、症状から結局陰虚熱を冷ます地骨皮を加えることで体のバランスが改善された。比較的短期間の漢方薬の使用ではあったが、受精卵から胚盤胞まで到達する割合やグレードの良い良好胚の割合が高いことから、体外受精・顕微授精の治療効果に漢方薬が寄与している思われる。今後も舌診では表と裏の色、処方では生薬同士の効果を高めたり、副作用を防ぐ対薬を選び科学的な漢方薬の使い方を追求したいと思います。

来局時43歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症、
2人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月、体外受精2回、顕微授精1回(3回目の凍結胚移植で妊娠するが心拍停止)

漢方による原因分析)
○冬場の足の冷え、腰痛、年齢などから腎虚
○子宮内膜ポリープ(切除済み)、紅紫舌などから瘀血

方針)漢方で体づくりをしてから凍結胚移植をする予定。体質を判断するための所見がは少ないが、体外受精などで使用するホルモン剤など生じやすい瘀血を排除し、消耗した腎精を補充し陰陽のバランスを整えることで移植は胆への子宮の適応力を上げ妊娠率の改善を目指す。

改善結果)
芎帰調血飲加白芍・三稜・莪朮・桂皮の煎じ薬、牡蠣肉製品と紫河車製品を開始。
3ヶ月目、以前より疲れにくく過ごせているが軟便がつづいているため三稜・莪朮など活血薬を減らし、黄耆・人参・山薬・補骨脂など健脾補腎陽薬追加して継続。
5ヶ月目、移植前の周期で牛膝・紅花を追加。
6ヶ月目、煎じ薬は十全大補湯減当帰去地黄加枸杞子・杜仲・続断・補骨脂・香附子。便が緩くなりやすいので地黄の代わりに枸杞子、当帰を1gに減らした。服用3週目に凍結胚移植。
7ヶ月目、判定前。着床障害を防ぐため活血薬の丹参を少量追加。妊娠陽性反応、その後胎嚢確認。

初診時、脈は有力の遅脈であった。この場合証は実寒証であることが多いのだが、相談者は実寒証を示す所見がなく、真逆の証の傷寒論陽明病かといえば胃実熱である症候の便秘や手足の多汗もないため、脈証以外で判断していった症例であった。高強度の運動をしているわけではないのでスポーツ心臓も考えにくく、気滞血瘀により気の推動作用が抑えられたことによる遅脈と考えた。不快な体調は余りない方でも瘀血を改善する生薬を使うことで、高齢でも妊娠できたことから、凍結胚移植においても活血薬を適切につかうことで妊娠率の改善が見込めると考える。