来局時32歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症、AMH1.0ng/ml
1人目を希望し2年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法14ヶ月、人工授精3回、体外受精2回、顕微授精1回、妊娠反応(-)

漢方による原因分析)
○背中の冷え、足のむくみ、夜中トイレに毎日起きる、腰痛、無苔暗紅、低AMH、TSH3.6、生理周期が短いなどから腎虚(陰>陽)
○足先の冷え、毎日目が覚める、多夢、便秘、動悸、経血の塊(+)、舌下静脈怒張、数脈などから血虚による瘀血

方針)体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血化瘀。基礎体温は綺麗なので、化瘀と補腎陰のバランスをとり、数脈をなくしていく。

改善結果)
亀板膠製品と煎じ薬で芎帰調血飲加酸棗仁杜仲女貞子の処方で開始。また甲状腺の専門クリニックを紹介し、チラーヂン服用開始となる。
2ヶ月目、クロミッド法で成熟卵3個採卵し体外受精にて新鮮胚移植するが陰性。
3ヶ月目、睡眠や便通など改善してきている。数脈、先辺舌暗紅あるため、煎じ薬は逍遙散合四物湯加牡丹皮・蒲公英に変更し、動物を亀板膠製品と牡蠣肉製品に変更。クロミッド法で2個成熟卵を採卵し、グレード1の初期胚とABの成熟胚盤胞を凍結。
4~8ヶ月目、治療を休んで漢方薬だけで体づくりをしていく。
9ヶ月目、動物製品はそのままで、煎じ薬は六味丸料合八珍湯加丹参・黄耆・香附子に変更。二段階移植で初めて妊娠陽性反応でるが、胎嚢確認できず。
9~13ヶ月目、FSHが高くなったのでカウフマン療法を受けながら、漢方薬を調整していく。
14ヶ月目、採卵予定。動物は変更せず、煎じ薬を逍遙散合四物湯加女貞子・丹参・陳皮・牡蛎に変更。体外受精にてグレードgood’の中期胚盤胞を凍結。
15ヶ月目、凍結胚移植予定。数脈の所見はない。牡蠣肉製品とシベリア霊芝と八珍湯加香蘇散料加丹参・牡蛎に変更。凍結融解胚移植にて妊娠陽性→胎嚢確認。その後、牡蠣肉製品と安胎薬を継続。
→元気な男の子を出産されました。

来局以前に、体外受精を数回受けて移植したが妊娠反応が一度もでない。年齢は若いが、AMHが低く不安と焦りを感じている方でした。
漢方・中医学では、体を整えれば自然と精神面もゆとりがでると考えます。心と体に余裕がでることで待望の赤ちゃんを授かることが出来たのだと思います。

来局時36歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH0.7ng/ml
1人目を希望し5年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12ヶ月、人工授精5回、体外受精2回、顕微授精3回 (移植するも陽性反応なし)

漢方による原因分析)
○むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、耳鳴り、脈、低AMH、年齢などから腎虚
○末端冷え(冬は霜焼けになることもある)、頭痛、肩こり、生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○便秘、目の疲れ、舌、脈から血虚
方針)病院治療を休んでいる間体づくり希望。養血化瘀、補腎充精。

改善結果)
亀板膠製品、丹参製剤、当帰製剤を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
12ヶ月目、生理の状態や基礎体温など良い。病院で子宮鏡検査を受けるが異常なし。
17ヶ月目、亀板膠製品、丹参製剤、当帰製剤、鹿茸製剤を使って周期調節法で服用する。
25ヶ月目、同処方継続。クロミフェン法にて2個採卵。そのうち1個受精卵になり、胚盤胞まで成長させる予定が分割停止。再度採卵するため、卵胞の成長力をつける目的で低温期の亀板膠製品を増量。
27ヶ月目、同処方継続。クロミフェン法にて2個採卵、2個とも胚盤胞まで成長し凍結。
32ヶ月目、漢方薬を始める以前に複数回移植するが妊娠反応がでなかったこと、漢方薬を始めて生理・基礎体温など整っているが2年以上も妊娠していないことから、亀板膠を免疫調整機能で反復着床不全に良い報告のあるシベリア霊芝製品へ変更。
37ヶ月目、同処方継続。凍結融解胚盤胞移植。初めての妊娠陽性反応、その後胎嚢・心拍確認。
38ヶ月~出産まで、流産予防の安胎処方を継続。→元気な女の子を出産されました。

病院治療を休んでいる間コツコツと漢方薬で体づくりをしてこられました。
漢方薬を始める以前は何度も体外受精・顕微授精をしても妊娠反応がでたことがなく、治療を受け続けることを一旦休んで体づくりをし、再度治療を始められ妊娠されました。期間がかかりましたが無事に妊娠できて本当に良かったです。

体外受精・顕微授精では、妊娠率に最も重要なことは採卵時の年齢であるということがわかっています。
今回の場合、一般的に考えれば、採卵時の年齢が2~3年経過しているということは妊娠する可能性は低くなります。
しかし、漢方薬で体の機能を整えることで、以前と同じ治療で妊娠という結果になりました。
来局時(36歳)に妊娠を希望して5年が経過しており、その間体外受精・顕微授精を複数回試みるも上手くいかななかったことから、体質的にはかなり妊娠しにくい状態だったと思います。妊娠に年齢は重要ですが、成果がでないまま不妊治療を受け続けるより、一旦立ち止まり漢方で体を整えることで、結果的には前進し妊娠できるのではと考えています。

来局時36歳 医学的な不妊の原因:右卵管閉塞、左卵管狭窄
2人目を希望し4年
○来局時の不妊治療歴:顕微授精2回

漢方による原因分析)
○冷え、白髪、基礎体温などから腎虚
○ひどい便秘、生理前から乳房や下腹部が張って痛い、生理痛、経血の塊、卵管閉塞、基礎体温などから瘀血

方針)2人目を希望してから3回移植して2回妊娠して流産しているため、流産しにくくなるように、活血化瘀、補腎充精で体づくりをしてから凍結胚を移植する。

改善結果)
牡蠣肉・亀板膠・丹参・当帰製品を服用開始。
2ヶ月目、便通がやや改善。便秘がひどく病院からの酸化マグネシウム(緩下剤)を服用していたが錠数が減った。子宮内フローラの結果も悪く、病院からのサプリメントを併用してる。緩下剤を服用しなくてもよい状態を目指す。処方は当帰製品を2.5倍に増量。
4ヶ月目、便通やや改善するもまだ緩下剤が必要、子宮内フローラ・ラクトバチルス菌が0.1→13%に改善するがまだ少ない(90%以上で妊娠率や出生率が改善する報告あり)。当帰製剤を3.75倍量に増量して3ヶ月継続。
6ヶ月目、便通が改善しないため、当帰製剤を5倍量に増量。
7ヶ月目、便通が改善し、緩下剤不要となる。また、子宮内フローラ・ラクトバチルス菌が13→99.8%に改善(90%以上で妊娠率や出生率が改善する報告あり)。次周期に凍結胚移植予定となる。
8ヶ月目、移植予定であったが体調を崩し延期となる。同処方を継続。生理が来ないため受診したところ、自然妊娠しており胎嚢を確認。流産予防のため漢方継続し、その後心拍確認。

以前にさつま薬局の漢方で妊娠された方からのご紹介で来局されました。採卵は問題なくできるものの、移植で流産を2回経験されていました。そのため、治療を続ける前に体を整えようと漢方を始められました。卵管閉塞があり、一人目も体外受精だったので、産婦人科の先生から「自然妊娠できたのは奇跡だ」と言われたとのこと。私達もとても驚きました。体外受精であっても、自然妊娠と同じく余力のある体の状態を目指すことが大切です。余力がある体とは漢方的にバランスのとれた健康な状態です。本来は卵管が塞がって体外受精・胚移植が必要なはずですが、漢方で余力がある状態を作ることで通りにくい卵管が改善され自然妊娠できることを示唆している症例です。

 

来局時36歳 医学的な不妊の原因:右卵管閉塞、AMH1.4ng/ml、高プロラクチン血症
1人目を希望し3年1ヶ月
○来局時の不妊治療歴:人工授精5回、体外受精2回、顕微授精1回(複数回移植するも陽性反応なし)

漢方による原因分析)
○冷え、耳鳴り、顎のニキビ、髪の色艶、アレルギー性鼻炎、低いAMH、基礎体温、舌、脈などから腎虚
○手足の冷え、卵管閉塞、頭痛、軽い生理痛、基礎体温、舌などから瘀血
○食後の膨満感、軟便、アレルギー性鼻炎、舌、脈から脾虚

方針)漢方で体づくりをしてから体外受精をする計画。活血化瘀、補腎充精、補気健脾。

改善結果)
芎帰調血飲加黄耆の煎じ薬、亀板膠製品を服用開始。
生理前の頭痛はあったが下腹部痛は無くなり改善が見られたので、しばらくは体外受精せず体づくりを続けることにする。3ヶ月後から牡蠣肉エキスを追加。
6ヶ月経過し生理の状態は改善したが、基礎体温や生理前の不正出血が改善せず。生薬を調整しながら様子をみるが一進一退の状態だったので、9ヶ月目に煎じ薬の処方を全般的に見直し、補気と補血の効果が強い処方に変更する。十全大補湯加香附子女貞子補骨脂丹参と動物製剤を継続。徐々に不正出血のない周期がでるようになり、基礎体温が綺麗になってきた。
12ヶ月経過した時点で体外受精を再開。採卵結果はグレード1⇒2個、グレード2⇒1個を凍結。
胚移植に備えて、着床しやすく育てる力のある子宮にするため、煎じ薬は人参⇒党参、桂皮⇒桑寄生に変更し2ヶ月継続。その後2個凍結胚移植し妊娠反応陽性。なんと2個とも着床しており、そのまま胎嚢・心拍確認できた。

来局以前から複数回体外受精をされているが、一度も妊娠反応陽性がでたことのない方でした。1年かけて漢方薬で体づくりをして、体外受精を再開し無事妊娠となりました。生理の状態はすぐ改善でき体調も全般的に良くなったのですが、緩くなりやすい便や生理前の少量の出血や基礎体温表の形が改善しにくかった例です。
不正出血の病因病機は、湿熱内温、脾不統血、腎陰虚、瘀血内留などがあります。最初は胃腸機能の低下から脾不統血、冷えは自覚なく他覚的だったため腎陰虚から高温期に潜陽できず出血したと分析しました。期間がかかりましたが、自分のホルモンの力で基礎体温表が綺麗になってから不妊治療を受けたことが授かる為のポイントであったと考えています。→元気な双子を出産されました。

来局時31歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症、凝固第Ⅻ因子欠乏症
1人目を希望し5年
○来局時の不妊治療歴:人工授精6回、体外受精1回、顕微授精3回 

漢方による原因分析)
○下半身の冷え、むくみ、脈、移植4回とも陰性などからやや腎虚
○生理痛、凝固第Ⅻ因子欠乏症、舌、移植4回とも陰性などから瘀血

方針)治療を休んで3ヶ月間漢方薬で体づくりをして、凍結胚盤胞移植する予定。過去の胚移植ではグレードは良いが一度も陽性反応がでないとのことなので、中医婦人科の基本方針補腎温陽・活血化瘀を体質に合わせた生薬で徹底する。

改善結果)
1~3ヶ月、来局前の体外受精では、毎回、受精卵の分割スピードに問題なく、移植時に内膜の厚さも問題ないが陽性反応がでなかった。着床できる質の良い子宮内膜を作るために、養陰補陽のできる亀板膠製品と、煎じ薬は内膜の巡りをよくするため活血として折衝飲と補気で党参と疏肝活血の川玉金の処方で開始。処方調整しながら継続。
4ヶ月目、移植周期。移植周期になると不安感が強く、睡眠の質が悪くなるとのことなので、帰脾湯合四物湯に疏肝の香附子・蘇葉を加えた煎じ薬と動物生薬を亀板膠製品から牡蠣肉製品に変更した処方。その後、妊娠反応陽性、胎嚢・心拍確認。安胎薬は補腎を重点にした処方で継続。

来局する前の体外受精では、質の良い卵を何度も移植しているのに一度も陽性反応がでず、諦めかけていたとのことでした。移植に備え漢方薬でしっかり体づくりをして、初めての妊娠に繋がりました。
漢方薬を始めて生理痛が軽くなり、瘀血が改善して着床しやすい子宮になったと考えています。また、ストレスのかかる移植~判定の際、必要以上に不安にならないように、疏肝や安神作用のある生薬を使うことでスムーズに着床できたのだと思います。

来局時41歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH40代相応
1人目を希望し3年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:顕微授精3回 (4回胚盤胞移植のうち1回妊娠するが初期流産)

漢方による原因分析)
○体の冷え、手足のほてり、むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、腎機能障害の既往、脈、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、生理痛、おしりの痛み、舌、基礎体温などから瘀血
○口渇、肌の乾燥、目の疲れ、生理量が少ない、舌、脈から血虚
○食欲が一定しない、胸焼け、イライラしやすい、舌から肝鬱
方針)活血化瘀、補腎充精、疏肝の漢方薬をしながら、残っている凍結胚を移植するもしくは採卵して移植する予定。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
4ヶ月後、安胎一号加減の処方に変更し、以前の凍結胚盤胞を移植したが陰性。
5~11ヶ月後、六味丸料合補中益気湯加減と亀板膠製品を調整しながら採卵を2回し、グレードの良い胚が採れる。2回目の移植でhCGが2桁まで上がるが胎嚢確認できず。この頃には長年の悩みであったお尻の痛みが完全に消失した。
12ヶ月目、舌が赤く充血しておりホルモン剤が原因の虚熱と考え地骨皮、清肝と解毒の菊花を加える漢方薬で体を整えながら採卵し胚盤胞を凍結。
13ヶ月目、安胎一号加減にし、凍結胚盤胞移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢・心拍確認。
14ヶ月目~出産まで、安胎のための補腎と養血の漢方を継続。

年齢が40代で焦りがあると言われていましたが、それでもこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で13ヶ月かけて妊娠されました。
長年悩まれていたお尻の痛みがなくなったことで着床障害の原因となる瘀血が改善できたこと、卵の質を上げるために補腎を続けていたことが妊娠するためのポイントだと考えています。

来局時36歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、チョコレート嚢胞、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し3年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12ヶ月、人工授精2回、顕微授精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、髪の質感、採卵の個数などから腎虚
○子宮内膜症、肩こり、ひどい生理痛、経血の塊、舌、脈などから瘀血

方針)活血化瘀、補腎充精

改善結果)
2種類漢方薬製品を4ヶ月服用。体調変化が乏しくやや血虚があるため養血調経の漢方薬製品を1種追加。
8ヶ月目で生理痛がほとんどなくなる。その後も漢方薬を続けながら、タイミング療法や人工授精を継続するも妊娠しないため一旦治療を中止し漢方薬のみ継続。
その後、治療をステップアップして体外(顕微)受精することに。煎じ薬(種子方加減)と亀板・鼈甲製品を2ヶ月続けてから採卵。
採卵数 前回(漢方薬開始以前)2個⇒今回13個に増え、うち受精卵10個。グレードの良い受精卵複数ができた。
4個を凍結。2個を新鮮胚移植⇒陰性。
凍結胚移植にむけた子宮内環境づくりに取り組むため、煎じ薬は三稜・莪朮の破血薬を使用し、亀板・鼈甲製品を増量。移植2週間前~移植日までは破血の水蛭製品を追加。また、補腎を亀板・鼈甲製品から温腎の紫河車製品に変更し、1回目の凍結胚移植⇒陰性。
中国では、胚移植の反復失敗例は子宮内膜の感受性低下があると考えて益腎気通胞脈の二補助育湯を使って治療するので、これを参考に10味の生薬を選んだ煎じ薬と亀板・鼈甲製品を継続。(二補助育湯の組成は補骨脂・葛根・升麻・巴戟天・桑寄生・続断・牛膝・何首烏・鶏血籐・鬱金)
調整しながら4ヶ月継続し、2回目の凍結胚移植⇒陽性。後に胎嚢確認。
安胎処方に切り替える。

目標達成まで28ヶ月かかりました。来局する前から合わせると不妊期間は5年4ヶ月です。諦めずに頑張ってきた結果がでて本当に良かったです。これまでで最長期間の妊娠例で、私自身も改善できる方法はないか中医学の書籍を読みあさり成長させて頂きました。今後はこの方と同じような胚移植の反復失敗例に二補助育湯を追試して効果を検討したいと思います。