来局時33歳 医学的な不妊の原因:なし
1人目を希望し3年5ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法数ヶ月、体外受精5回、顕微授精2回
○他の薬局で勧められてクマザサエキス、たんぽぽ葉抽出エキスを2年間服用している。

漢方による原因分析)
○生理周期が短い、アトピー、耳鳴り、不妊期間、AMH0.54ng/mlなどから腎虚
○イライラ、寝付きが悪い、下痢と便秘を繰り返す、経血にレバー状の塊などから瘀血
○肌・髪の乾燥、動悸息切れ、生理量が少ない、不安な気持ちになる、めまい立ちくらみなどから血虚
○胃腸が弱い、疲れやすい、食後に眠くなるなどから脾虚

方針)体外受精・顕微授精でこれまで採卵7回して、凍結胚移植を数回しているが、妊娠反応がでたことない。凍結している最後の胚盤胞を移植する予定なので、着床しやすい体づくりをする。

改善結果)
牡蠣肉・当帰製品・丹参製品で、補腎・活血・補血をしていく。他の薬局より処方のたんぽぽ葉抽出エキスは残ありとのことだったが中止してもらう。
1ヶ月目、睡眠の状態が改善し夢をあまり見なくなった。耳鳴り(+)。来月凍結している最後の胚盤胞を移植する予定。同処方を継続。
2ヶ月目、移植周期に内膜が厚くなりにくい方でしたが、8mm以上になり凍結胚移植。妊娠反応陽性、胎嚢確認。
3ヶ月目、心拍確認。出血が数回あり、漢方薬は流産予防のための安胎処方を続けてもらう。
4ヶ月目、妊娠13週。出血はなくなった。
引き続き安胎処方を継続し経過順調で安定期に入る

AMHが低く、医師から勧められて体外受精・顕微授精を3年近く続けているものの結果が出ない方でした。初回の相談時に、「何年も治療を続けて一度も陽性反応がでたことがなく、これ以上続けても上手くいく気がしないので、凍結している最後の胚盤胞を移植して妊娠できなかったら治療をやめようと考えている。」とおっしゃっていました。
AMHは低いですが、過去の採卵ではグレードの良い胚盤胞ができることもあったので、体の状態を整えて治療すればいずれ授かるのではと思いましたが、ご本人が治療は最後とおっしゃっていたので、とにかくできることを頑張ってみましょうとお伝えしました。
何年も治療して授からなかった場合でも、ほんの少し体の向きを変えてあげることで上手くいくことがあります。自分の妊娠力を引き出すために、自分に合った効果の高い漢方薬を選ぶことが大切だと思います。

 

 

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ