来局時53歳 医学的診断:膀胱炎
主訴)膀胱炎症状を頻繁に繰り返し病院で猪苓湯の頓服でコントロールしている。できれば膀胱炎を再発しない体質になりたい。
子宮筋腫で3ヶ月前に子宮・卵巣全摘術をしてから症状を繰り返すようになったとのこと。エストラーナテープを使用している。

漢方による原因分析)
「症状による中医診断と治療」によると頻尿の弁証には膀胱湿熱・腎陰虚・腎気不固・肺脾気虚がある。この方は卵巣摘出後からの発症、冷えや疲労時での悪化、足の冷えや沈脈から腎陽虚による腎気不固が原因と分析。

方針)温腎補陽、舌苔が地図状なので最初は健脾も併用

改善結果)
煎じ薬で八味地黄丸料を選び、健脾で黄耆・党参、腎陰を消耗させないよう寒性の利水滲湿薬の車前子を加える。
1ヶ月後頻繁に感じていた膀胱炎の下腹部の違和感がなくなる。黄耆・党参と清熱化瘀の牡丹皮を抜いて補肝腎の枸杞子を加える。
2ヶ月後足の冷えがなくなってきた。車前子を抜いて牡丹皮を加える。
4ヶ月後まで継続し、膀胱炎の再発が治まっているため再診なし。

発症してからの期間が短いため早く結果が出せました。病気の本が腎虚の場合、補腎薬が比較的胃腸の負担になるため健脾をしてから補腎をしっかり続けると漢方薬の効果が発揮しやすいです。

 

 

来局時34歳女性 病名:円形脱毛症 医学的原因:不明 既往:子供の時アトピー性皮膚炎
○来局時の希望:引越しのためストレスで円形脱毛症が後頭部に1個できた。4ヶ月前から頭皮湿疹で皮膚科にて抗アレルギー剤の内服とステロイド軟膏で治療中。1ヶ月前から円形脱毛症ができたので、漢方薬でできるだけ早く良くなりたい。

漢方による原因分析)
肌は乾燥しやすく元来血虚体質。脱毛前に湿疹があり頭皮の状態が悪く、口唇の瘀班やストレスから瘀血により毛母細胞を滋養できず発症。頭皮の瘀血は生じて間もないため早期に瘀血を改善できれば多発型になることを防げる。
方針)通穴活血、補血は補助

改善結果)
通穴活血湯を基本に煎じ薬で調整。赤芍・乾地黄・桃仁・紅花・酸棗仁・菊花・遠志・党参・黄耆・生姜を1ヶ月服用。脱毛部から新しい毛が生え始める。煎じ薬を継続し、新たに脱毛が生じることもなく、長く治療している頭皮湿疹も9割改善し終了。

※毛母細胞が一時的に何らかの原因によって障害されることで発症し、栄養障害説、遺伝説、ストレス説など考えられているが原因は不明となっている。治療は、ステロイド外用や塩化カルプロニウム外用、難治例では局所免疫療法、PUVA(光化学) 療法、凍結療法などを行う。と西洋医学ではなっている。(あたらしい皮膚科学第2版,中山書店)

中医学では原因は、血熱・瘀血・気血両虚・肝腎不足などから毛根が滋養を受けることができずに、頭髪が抜け落ちるとなっている。治療は原因に合わせた方剤の内服と桂枝、紅花などのチンキ剤を一つ或は複数を交互に外用する。(中医皮膚科学,東洋学術出版社)
当薬局は内服薬のみで肌の異常な状態を体の内側から改善していくことを目標にしている。赤みや痒みがある炎症疾患であれば数日で軽減させていくことを目標にしているが、円形脱毛症の場合は炎症がないため数ヶ月かけて軽減させていことを目標にしている。

瘀血は時間経過とともに排除しにくくなり、更に脱毛部が広がっていく。今回のように、発症してすぐに瘀血に対処できると症状の回復が早くなる。

 

来局時41歳 医学的診断:子宮筋腫
主訴)7年前に子宮筋腫が見つかり経過観察してきた。年々大きくなり8~10cmが2個あるため手術を勧められた。できれば漢方薬で手術をしないですむようにしたい。

漢方による原因分析)
子宮筋腫は、瘀血もしくは痰湿が原因の場合が多い。体調や渋脈から瘀血が主な原因と分析。

方針)活血化瘀

改善結果)
煎じ薬で甲字湯を選び、血虚が少しあるため補血の当帰に塊を減らすために破血消腫の三稜莪朮を加える。
1ヶ月毎に便通や体調で生薬の割合を変え漢方薬開始3ヶ月後病院で検査。
筋腫2個は6~8cmに縮小し手術せず経過観察でよいと診断された。
子宮筋腫が小さくなり、体調も良くなったと相談者からとても喜んでいただいた。

同じ病名でも体質は様々であり、同じ処方でも体質に合わせて生薬を加減することでしっかりと結果が導きだすことができます。
子宮筋腫は閉経まで大きくなるので、今後も大きくならないように体のバランスを整えていくことが大切です。

 

 

35歳 女性、骨髄異形成症候群(MDS)、煎じ薬を初めて約1年6ヶ月。
血小板が年々低下しているのでそれを防ぎたいということで漢方薬で体づくりをしています。
《2017年3月の検査値》
血小板37 赤血球 3.28 白血球 5.2 ヘモグロビン 12.1
《2018年3月の検査値》
血小板60 赤血球 3.19 白血球 4.0 ヘモグロビン 11.3

現在のところ、漢方薬で体を整え血小板数の低下を防ぎ、輸血や服薬をせずに過ごすという目的は果たせています。また自覚症状としては以前より食欲が出てきて倦怠感がなくなり、生理周期が40日⇒30日になっています。なにより生活の質が改善できていることを満足していただいてます。今後はもっと体のバランスを整え造血機能を回復させていきたいです。
煎じ薬は前回の帰脾湯加鶏血籐阿膠に、口唇の出血斑や頭部湿疹があるため化瘀と清虚熱目的で丹参と知母を加えました。併せて杞菊地黄丸・牡蠣肉エキス・紫河車製品・亀板鼈甲膠製品も継続です。

 

重症の潰瘍性大腸炎で手術をしなければいけない状態で以前来局された女性です。
病院の治療薬に併用して漢方薬を始めて状態が改善し手術をしなくてよくなり、しばらく漢方薬を休んでいたのですが最近体調が悪いため漢方薬を再開しました。
食欲もでてきて、悪寒発熱の頻度も低下し、長い時間歩けるようになり、脈も安定してきてきました。病院の検査ではCRPが4.73から3.50、Hbが10.7から11.2にやや改善していました。体力がついてきたので、舌が暗紅色でCRPも高いため白芍より活血と清熱涼血作用の強い赤芍に変え、舌に浮腫みがあったため茯苓を加え湿を嫌う脾の回復を早めるようにしました。

早く寛解状態になれるよう漢方薬で後押ししていきます。

10代から続く無月経の体質改善で来局。32歳 
医学的な原因:20歳頃は多嚢胞性卵巣症候群、25歳頃は卵巣機能低下
1年に1回しか生理が来ない。

全身症状を確認し分析したところ、
○下半身の冷え、睡眠の質の低下、夜のトイレ、口内炎がよくできる、内出血ができやすい、排便の状態、初潮以降続く無月経、舌・脈などから脾腎両虚
○肩こり、頭痛、舌などから弱い瘀血
などが原因による無月経と考えられました。
体のバランスが乱れ女性ホルモンが作用しにくい状態になり生理が来なくなっているので、脾を補い腎を強くし、血を巡らすことで定期的に生理が来る体を目指します。
煎じ薬は気血双補の帰脾湯を基本処方とし、補腎の熟地黄・疏肝理気の香附子を加えた処方でまず1ヶ月様子を見る。同時に再度西洋医学的な検査を受けることと強制的消退出血を起こしてもらうため婦人科の受診してもらい、ホルモン検査では異常はみられなかった。
煎じ薬で体の症状は徐々に改善しているので生薬を加減しながら4ヶ月継続。その間に病院でホルモン剤を使って2周期生理を起こす。
脾虚は改善してきたものの、基礎体温が全体的に低く長期間の無月経の状態があるため腎虚の改善を強化するため煎じ薬は十全大補湯加附子とし、更に動物生薬の亀板鼈甲膠製品を追加。更に微調整しながら4ヶ月継続したところ、ピンク色の少量の出血と下腹部の鈍痛がありもう少しで生理がきそうな感覚であるとのこと。煎じ薬は牛膝、益母草、紅花などの活血薬を増やし、動物生薬は紫河車製品に変更しました。
不正出血から3週間後、しっかりした出血の生理がくる。生理痛もほとんど無く「ホルモン剤で生理を起こした時と違い、経血の色も綺麗でした。初めてちゃんとした生理がきた気がします」と喜んでいただけました。

時間はかかりましたが、生まれて初めて女性本来の自然な生理を起こせました。。
西洋医学では生理を起こすことが目的になりますが、漢方は女性としての健康度を上げることで自然と生理が起こる体になることを目指します。

今回は脾虚を先に改善し、血の運搬力をあげるため帰脾湯を選びました。養心安神作用があり血虚不眠に効果のある酸棗仁が入っており、養陰収汗作用もあるため汗をかきやすい相談者にはピッタリの生薬です。そのため体調自体は早く改善できたのだと考えています。

18歳女性、ニキビ(尋常性ざ瘡)で6年。
病院でナジフロキサシンクリームやアダパレンゲルなどで治療されているが改善しないため、根本的な体質改善希望で来局。
ここ最近は毎日口囲に白い膿をもったニキビができるようになりひどくなってきている。
所見)口囲は白い面ぽうで他は赤い丘疹が多くニキビ跡は赤紫色のゴツゴツした肌、舌暗紅色、脈浮滑
方針)清熱袪湿を主に徐々に化瘀を強めていく
処方は一般的な清上防風湯を加減しました。温性の強い白芷を除き活血の丹参、整皮の薏薏仁を加え15日分。
漢方薬の味を心配していたが問題なく服用でき、新しいニキビができにくくなってきた。
尿の回数も増えているため同処方を継続。

今後悪い時期もでてくるとは思いますが、鏡を見るのが楽しくなる肌を目指して頑張っていきましょう。

26歳 女性 アトピー性皮膚炎で17年間悩んでいる。
皮膚科でザイザル錠5mg、プロトピック軟膏、アンテベート軟膏、リンデロンV軟膏などで治療中、過去に漢方薬を病院から処方されたことがあるが改善しなかったため中止した。
症状を軽減させてステロイドなどの使用を減らしたい。
皮膚所見は赤みあり、汗をかくと痒みが増す。全身の所見を診ると体質は肝腎陰虚。

治療方針:清熱袪湿(熱>湿)、落ち着いてきてから養肝補腎
処方は清皮湯の清熱の割合を高めるため白朮・茯苓・ヨクイニンを減らし、清熱解毒目的で紫根を加える。
漢方薬を半月続けたあと一ヶ月間様子を見たところ、漢方薬を飲んでいる時の方が痒みが治まっているので、服用を再開する。
時期的に湿気が増してきたため、上記処方に利湿の蒼朮を加えた処方を1ヶ月服用してもらったところ、ステロイドの使用頻度が今までの半分になり、去年の同じ時期よりも症状が落ち着いている。

今回は上記処方をそのまま続けて様子を見たいと思います。17年間も続いている症状だけに簡単にはいかないと思いますが、ステロイドを使わなくても良い体になることを目指して一緒に頑張りたいです。

39歳男性、後腹膜線維症による水腎症、水腎症は発症して4年以上、疲労感・足のむくみなどが半年以上続いている

半年前から疲れたときや夕方の足のむくみ、体の疲れがひどいことで来局されました。
病院では、西洋医学の標準治療であるステロイドの内服、副作用対策の薬、ステントの挿入による尿路の確保をしていました。
病態と体質から、始めに補腎健脾をして自覚症状の改善をし、その後健脾から化瘀に切り替えてステントとステロイドの要らない状態を目指そうと考えました。
また水腎症は原因として免疫異常が考えられているので、検査値では白血球分画を顆粒球:リンパ球=7:3から6:4になること目標にしました。
煎じ薬は六味地黄丸料合玉屏風散可車前子、併せて亀板・鼈甲製品を服用してもらう。1ヶ月目から体調良くなり朝の目覚めが改善する。
2ヶ月後に右側のステントを除去。検査値の目標にしていた割合も6:4になる。
方針を健脾から化瘀に変更。玉屏風散から丹参・牛膝・赤芍に変更し1ヶ月継続。補腎化瘀の目的で沙棘製品を追加。1ヶ月後、左のステントを除去。
相談者は、久しぶりに体の中に異物がない状態となったことを大変喜ばれていました。

まだサポートが必要なので生薬を微調整しながら継続していただきます。
相談者は、海外出張などがあるハードなお仕事をされている方なので、漢方薬で病気にならないための力を上手に引き出せるようにしたいです。

34歳 女性、骨髄異形成症候群(MDS)、煎じ薬を初めて約9ヶ月。

漢方薬を開始してすぐに倦怠感などの自覚症状は改善したのですが、その後体調が悪化し3月の検査で血小板が3.7万個/㎕まで低下してしまう。この時期、倦怠感と強い背中の痛みが現れ、日常生活に支障がでる。痛みで睡眠も良くない。

煎じ薬の処方を、血液を作る目的に変更し、煎じ薬と併せて杞菊地黄丸と牡蠣肉エキスを服用してもらったところ、背中の痛みが無くなる。
5月の検査で、血小板数4.5万個/㎕に回復。
その後、血球や血小板を増やす鶏血籐・阿膠・大棗を帰脾湯の加減処方に追加し、7月の検査結果が以下です。
血小板5.8万個/㎕ 赤血球 304万 白血球 5300

血小板数が大幅に回復し、その他の血球数も改善してきました。
先に脾虚の状態を改善させたので漢方薬による検査値の改善の効果が早かったのだと思います。
何より、倦怠感と強い背中の痛みが改善し、日常生活に支障が無くなったと喜ばれました。
この方は血小板の数値が季節により変動があるのですが、前年の同時期よりも良い数値でした。

 

そして、今回の煎じ薬です。
胃腸の調子が良くなってきたので胃腸の生薬を減らし、補血の当帰などの生薬の割合を増やしました。
今後は血小板数が8.0万以上になることを目指します。
もっと喜んでもらえるように漢方薬を科学的視点で運用したいと思います。
西洋医学が苦手な部分を、漢方薬でどこまでサポート出来るか追求していきます。

1 / 41234