受精卵の着床が上手くいかないのは、漢方では瘀血(おけつ)が影響していることがほとんどです。
瘀血とは、慢性的な血行不良、血流の滞りで経血が劣化したような状態になっていることです。

瘀血のおもな原因は、
○冷えや血行不良による血液の運搬力の不足
○血液量の不足
○瘀血ができやすい飲食物の摂取
もし子宮内膜に瘀血があると、受精卵が内膜に潜り込んで着床するのを邪魔してしまいます。

2人目不妊 30代前半の相談者
1人目は自然妊娠ですぐに授かったのに、2人目が1年以上授からない状態。
病院検査では問題なし。

問診をとると、次のような瘀血のサインが沢山でていました。
・慢性的な肩こり、頭痛
・生理痛
・排卵痛
・生理不順
・経血にレバーのような血塊がある
・片方の卵管がやや詰まり気味である
瘀血を改善するために、血流を良くして流れの悪くなった状態を改善する漢方薬を処方したところ、1ヶ月後に陽性反応がでました。おそらく着床を邪魔していた瘀血がなくなり、子宮内膜の状況が改善したことで、上手く着床できたのだと思います。

■生理痛・頭痛・肩こり・関節痛など痛みがある
■経血の色が黒ずんだり塊が混じったりドロドロする・子宮内膜症・筋腫・ポリープなどがある
■手足の冷え、肌のくすみ、シミ、目の下のクマ、顔色が悪いなど全身的な血行不良の症状
などの症状ある方は、着床を邪魔する瘀血ができている可能性が高いです。
血のめぐりが悪い瘀血体質の場合、子宮内膜に瘀血があると着床しにくく流産しやすくなります。

漢方は、体のバランスのくずれを整えて、妊娠しやすい状態に導いてくれます。

相談時の症状)
半年に1回のペース腫れている。病院で穿刺(注射針で抜く)をしたら更に腫れてしまったので、飲み薬(抗生剤・鎮痛剤)だけ処方されたが改善しない。自分で市販の竜胆瀉肝湯と十味敗毒湯も購入して飲んでいるが良くならない。処置で更に悪化するかもしれないので、漢方薬でなんとか良くなって欲しい。

漢方薬服用後)
服用後数日で自壊し、排膿して痛みがなくなった。今までで一番体が楽だった。

⇒相談者は、定期的に再発を繰り返している方でした。もともとのめぐりの悪い体質に加えて、生理前や環境ストレスなどが影響して再発しているようでした。「もし再発しても、次からは痛い処置をせずに漢方薬で大丈夫だと思うと嬉しいです。」と言っていただきました。
年齢が若い方は回復力がよく、ちょっとしたケアで体が良くなってくる方も多いです。漢方を飲み終わってもなるべく再発しないように食事や生活で体をケアするようにアドバイスをさせていただきました。

相談時の症状)
10年前に発症。その時は自然におさまった。
10年ぶりに再発し、ほかの漢方薬局から処方された漢方薬を4ヶ月程服用しているが改善しない。
1ヶ月おきに再発し、3回穿刺している。

漢方薬服用後)
服用開始後、すぐに自壊。
1ヶ月服用後、疲れにくく体調が良い。少し腫れることはあるが、すぐにおさまる。漢方薬を減量して経過観察。

⇒すでに漢方薬を飲んでいるが良くならない、効いているのか分からない、というご相談。
・自身でネットで調べて竜胆瀉肝湯・排膿散及湯・十味敗毒湯などの漢方薬を試したが変化がない、改善しない。
・不安や疑問をしっかり相談したい・親身になってアドバイスして欲しい。
・近所にはバルトリン腺疾患に詳しい漢方薬局がない、満足する相談が受けられない。

という方はぜひのさつま薬局にご相談ください。専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。バルトリン腺疾患の症例多数、今の状態に適した漢方薬を選ぶことで、症状が改善し、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。当日のご相談はお電話を(099-800-4339)。翌日以降はお好きな日時を選んでWeb予約も可能です。

相談時の症状)
3年前に出産後にバルトリン腺炎を発症。大きく腫れて穿刺した。その後も再発を繰り返し、穿刺(注射針で抜く)や切開など病院で何度も処置をしている。
そろそろ第2子を希望しており、体を整えてなんとか再発しないようにしたい。再発予防のために、まずは3ヶ月漢方製品「氣宝珠」をこつこつ続けていただき、体のベースを整えて再発しにくい体をつくっていく。

漢方薬服用後)
3ヶ月服用後、疲れた時など何度か腫れそうだなということがあったが、腫れずにすんでいるので、体が良くなっている感じがする。体調も良いので継続していきたい。
6ヶ月服用後、疲れにくく体調が良く再発もしていない。

⇒産後の体力の消耗をきっかけに、免疫力など体のベースが下がり慢性化したバルトリン腺膿瘍。
出産前後でバルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍を発症される方は少なくありません。この時期は、免疫力が下がりやすく、さらに出産や育児で体力の消耗やストレスが多く、慢性化しやすい傾向にあります。また、小さな子供がいる方にとっては、繰り返し腫れて病院にいくのも大変です。漢方は痛みや腫れのケアも得意ですが、再発をしないように体を整えるのも得意です。

「氣宝珠」(1ヶ月分9,720円)

3年前にバルトリン腺囊胞を発症。
何度も再発を繰り返し、今までに4回穿刺(注射針で穿刺)をしている。
1ヶ月前、性交渉後に腫れが大きくなり鶏卵大になった。熱感がありズキズキ痛む。これまでは痛みはほとんどなかったのでとても不安。

漢方服用後の経過)
20日服用後、腫れが小さくなりしこりがなくなった。性交渉をしても悪化しなかった。
40日服用後、再発していない。便通がよくなった。

⇒慢性化している方で、年に数回に再発していましたが、漢方薬で比較的順調に症状が改善しました。
その後1年以上再発なしとご報告をいただきました。

相談時の症状)
半年前に発症。病院で穿刺(注射針で抜く)しておさまった。3ヶ月後に再発して再度穿刺するも、1週間後に再び腫れる。頻繁に腫れて、そのたびに痛い穿刺を繰り返すのがつらい。更年期になり体の状態や免疫力の変化も感じているので、体を整えてなんとか再発しないようにしたい。

漢方服用後)
まずはバルトリン腺の腫れのための処方を20日間服用してもらい自然に腫れがひいた。
その後再発予防のために、漢方製品「氣宝珠」をこつこつ続けていただき、体のベースを整えて再発しにくい体をつくっていく。
1ヶ月後、腫れそうな感じがするとのことで再度バルトリン腺の腫れの漢方薬を服用してもらったところ腫れずにすんだ。その後は再発予防の漢方のみ継続。
現在まで8ヶ月以上再発していない。体調は多少波があるものの以前より疲れが溜まりにくくなり楽になっている。漢方で体づくりを始めて、もともと平熱が35℃台だったのが36℃台になった。体温が上がって免疫力があがってきた気がする。

⇒相談者は、漢方で痛みや腫れを改善をし、さらに繰り返す痛みから解放されたいと希望されていました。更年期の年代は女性ホルモンのバランスの変化や、多忙やストレスなどでバルトリン腺が悪化する方も多く、体を整えることで体全体のベースを上げて再発予防をしながら、日々を元気に過ごすお手伝いができると思います。

「氣宝珠」(1ヶ月分9,720円)

相談時の症状)
1ヶ月前に発症。大きく腫れて病院で切開したところ、大量に出血したため入院した。
退院後もまだ腫れや痛みが残っている。痛い思いをもうしたくない、再発がこわい。

漢方薬服用後)
20日服用後、痛みはなくなった。少し腫れが残っていて左右差がある状態。
40日服用後、腫れがなくなり楽になった。時々疲れたりすると患部が疼くようなことがあるが、漢方薬を飲んでいるからか大きく腫れずに自然にひいてくれる。経過が良いので漢方薬は減量。

⇒相談者は、バルトリン腺の腫れを病院で切開する際に太い血管に傷がついてしまい、大量出血。結局、入院して傷口を縫合しなければならず大変な思いをされた方でした。そのため、再発をとても恐れていらっしゃいました。もともと疲れやすく小さな子宮筋腫もあり、漢方的には再発の可能性の高い体質の方でした。「漢方薬のおかげで悪化せずにすんでいます」と言っていただきました。