出産後に抜け毛の増加は、多くの方が出産後2~3か月あたりから始まり、個人差はありますが半年~1年くらいまで続くようです。

漢方では髪は「血余」といいます。「余」には、余りのほかに延長という意味があり、髪は血液の延長だと考えます。つまり、血液に余裕がなければ、豊かなつやのある髪をたくわえることはできないのです。
●髪がパサつく
●白髪が増える
●抜け毛が増える
●髪が細くなる
●髪にこしがなくなる

髪のトラブルは、血液の状態の表れであり、血が不足したり滞ったりしていると髪のトラブルが起こります。加齢や月経、妊娠、出産、授乳などで髪にダメージが出ることはよく知られており、とくに出産後の体は、次のような状態に陥っています。
1.出産や授乳で大量の血を消費した状態
2.睡眠不足や育児の疲れなど体を消耗した状態

つまり普段より圧倒的に血液の絶対量が不足した状態なのです。そのため、多くの方に抜け毛などの髪のトラブルが起こります。
さらに、この血液不足の状態が継続すると、眠れない・情緒不安定といった産後うつを起こしやすくなったり、二人目不妊の原因にもなります。
漢方で不足した血液の力を補うことで、産後の抜け毛を予防・改善をしたり、赤ちゃんとの生活を楽しめるように産後うつになりにくい体へ整えることができます。
血液の力を補うには血のめぐりをよくして体を温めてくれる当帰や牡蠣肉が入っている漢方薬がおすすめです。
1ヶ月分5,000円~始められますのでお気軽にご相談ください。
直接来局できない場合は電話相談・代引き配送も承ります。(鹿児島本店 電話099-800-4339)
直接来局される場合は、事前にご予約をお願いします。※相談中は電話対応できない場合がございます。留守番電話に連絡先を入れていただければ折り返しご連絡いたします。 

 

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍とは?

バルトリン腺は、女性の膣の左右にある分泌腺で本来は性交渉を円滑にするための分泌液を出すところです。バルトリン腺囊胞は何らかの原因でこの分泌液の出口が腫れて詰まってしまい、中に液が溜まり袋状の腫れが生じます。小豆くらいの小さなしこりからピンポン玉くらいに腫れることがありますが、痛みはほとんどありません。バルトリン腺炎はこの分泌液の出口に細菌が感染して、赤く腫れて痛みが起きます。バルトリン腺膿瘍さらに詰まった腺の中で菌が繁殖して膿がどんどんできて腺そのものが膨らんできます。痛みや発熱を伴い、腫れが大きくなると、座っていると圧迫されて痛みがひどくなったり、歩くのも痛みを感じる場合もあります。ひどくなるとピンポン玉~鶏卵くらいの大きさに腫れあがってしまうこともあります。閉塞の原因は通常不明ですが、疲れやストレスなどで免疫力が下がり抵抗力が落ちると悪化する場合が多くみられます。また、一度良くなっても数か月~数年の間に再発することがあります。

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍 漢方での改善症例

【相談者 50代】穿刺後に再発した両側のバルトリン腺炎
両側のバルトリン腺が腫れ、病院で両側とも穿刺したが1週間後に再発。痛みで眠れない。穿刺がとても痛かったので、漢方薬でなんとか改善したい。
→漢方を服用し始めた翌日に右側が自壊し、5日後に左側も自壊した。自壊後は痛みがなくなり、数日でしこりがなく柔らかい元の状態に戻った。

【相談者 50代】ストレスで再発したバルトリン腺炎
約半年前にバルトリン腺炎を発症。初回は、痛みがなく腫れも小さかったので経過観察となり自然によくなった。その後、身内に不幸がありストレスと疲労で再発。今回は痛みがあり、腫れも前回より大きく痛み止めを服用している。自転車に乗ると痛い。
→漢方を開始して2~3日後に膿瘍が自壊、少量の茶色の膿が数日間排出されほとんど腫れがなくなった。

【相談者 40代】鶏卵ほどの腫れと痛み、座るのも歩くのもつらい
片方のバルトリン腺がつまり、鶏卵ほどの大きさの腫れ・痛み・発熱があり。婦人科で処方された抗菌薬の服用で一時的に治まったものの、数日で腫れが再発。病院では穿刺(注射で膿を抜く)か切開かと言われたが、できれば自然に治したいと相談。
→漢方を開始して3日目に膿瘍が自壊、膿が排出されほとんど腫れがなくなった。15日後小さなしこりのみとなる。

【相談者 40代】再発を繰り返すバルトリン腺膿瘍のお悩み
数ヶ月おきに腫れてそのたびに抗菌薬を服用している。今回は腫れ・痛みが続いて2種類の抗菌薬を服用したが良くならない。婦人科では穿刺や切開はできない大きさだと言われた。ネットで調べて排膿散及湯を服用したが変化がない。なんとか不快な症状から解放されたいと相談。
→漢方を開始して2~3日目に膿瘍が膨らみ水ぶくれの様になった後、自壊。数日間膿が排出され腫れがなくなり小さなしこりのみとなる。再発予防のため、漢方薬と生活習慣の改善を継続。

【相談者 40代】お悩み期間15年 数年おきに再発するバルトリン腺膿瘍
15年前にバルトリン腺炎を発症し、これまでに数年おきに再発を繰り返している。これまでは膿瘍が自然に自壊して良くなっていたのだが、今回は、自壊後数日たっても腫れや痛みがひかない。年齢的に体力や免疫力の低下を感じており、腫れが良くなったら再発しにくい体づくりにも取り組みたいと希望される。
→漢方を開始して3~4日後には、触るとほんの少し感じる程度まで腫れがひいて痛みが無くなった。再発しにくい体づくりのための漢方薬を継続中。

【相談者 30代】抗菌薬が効かない、広範囲の腫れと痛み
2~3年前から時々腫れることがあったが痛みはなく自然に治っていた。数日前から広範囲の腫れが起こり強い痛みがでている。婦人科では、切開や穿刺はできないと言われ、処方された抗菌薬を服用しているがまったく良くならない。
→漢方を開始して1週間ほどで腫れや痛みおさまり、2週間後にはほとんど気にならない状態になった。

【相談者 30代】うずら大の腫れ、市販の漢方を服用したが改善しない
3年前から冬に時々腫れて痒みがでることがあったが自然に治っていた。4~5ヶ月前から腫れが段々大きくなりうずら大になっている。痛みはない。自身で購入した竜胆瀉肝湯を1週間服用してみたが変化がない。
→漢方を開始して3日目に自壊し、腫れが小さくなった。20日服用後、小さいしこりが残っているので漢方薬を減らして継続してもらう。

【相談者 20代】病院で処置できないと言われたバルトリン腺囊胞 
腫れが気になり病院を受診したが、処置できない大きさだと言われた。
→漢方を飲み始めて10日後に自壊し排膿した。その後は腫れがひいて小さくなり指で押すと少しわかる程度になった。

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍 漢方のアプローチとは?

  1. 自然治癒力を活かして体の中に溜まった余分なものを排出させます。(自壊する場合と自然に腫れがひく場合があります)
  2. バルトリン腺を元の詰まらない状態に戻していきます。
  3. 再発しないように体質改善しながら、免疫力が落ちないような漢方や養生を提案します。

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍で、痛い思いをされたり、生活に支障をきたしている方は少なくありません。場所が場所だけに恥ずかしくて一人で悩んでいる方もいらっしゃいます。さつま薬局は女性薬剤師が対応します。

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の悩みを漢方薬で解決できます

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の漢方薬の料金は、基本的な処方の場合20日分20,500円(送料・代引手数料込)です。ご予算や症状に合わせて処方できますので、お気軽にお問い合わせください。

再発しにくい体づくりを

一度囊胞ができてしまうと、良くなっても再発を繰り返す場合が多く、数年~20年近くお悩みの方も少なくありません。痛い思いを繰り返してお悩みではありませんか?再発の原因は不明ですが、多くは免疫力が低い・体力がない・代謝や巡りが悪いなどのもともとの体質に加えて、疲労・ストレス・年齢的な体の変化なども関係しています。再発予防・防止のために、「免疫力を上げたい」「繰り返さないために体づくりをしたい」方もぜひご相談ください。再発予防・防止のための体づくりは30日分9,720円~。

漢方薬の注文・ご相談は

【直接来局できない場合】電話相談・代引き配送いたしますので、お気軽にお電話ください。(電話099-800-4339)バルトリン腺の電話相談をご希望とお伝えください。
【来局される場合】事前にご予約をお願いします。電話相談のWeb予約も承ります。
Web予約:メニューから「【女性薬剤師】バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の漢方相談」を選んで予約
②電話予約:鹿児島本店 電話099-800-4339 

※相談中は電話対応できない場合がございます。留守番電話に連絡先を入れていただければ折り返しご連絡いたします。 

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の相談料は無料です。お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。デリケートなお悩みですが、バルトリン腺のご相談は専任の女性薬剤師が対応しますので安心してご相談ください。
さつま薬局ではバルトリン腺疾患のご相談を毎月数十件お受けしており、これまでに、鹿児島・福岡・熊本・佐賀・長崎・大分・沖縄・広島・山口・愛媛・香川・三重・大阪・兵庫・愛知・岐阜・長野・山梨・神奈川・静岡・東京・千葉・埼玉・茨城・栃木・石川・新潟・北海道からご相談をいただいています。

【担当薬剤師プロフィール】
田之上顕子(たのうえあきこ)/1977年鹿児島市生まれ 熊本大学薬学部卒 
お客様との会話が元気の素!女性のデリケートな気持ちに寄り添い、明るく前向きな気持ちになっていただけるお手伝いができたらと思っています。漢方美容相談も承っています。趣味はショッピング。沖縄と東京ディズニーリゾート好きな2児の母。南日本新聞フェリア「手軽にアンチエイジング おいしい薬膳ごはん」で薬膳レシピを連載中。

 

来局時55歳 女性  医学的診断:更年期障害
主訴)動悸、不眠、のぼせ
5ヶ月前、疲れているとき運転をして過呼吸のような症状になった。それ以来、不定愁訴に悩み病院でミオナール50、ラベプラゾール10、グロリアミン配合、マイスリー5、デパス0.5などの治療を受けている。病院で加味逍遙散エキス顆粒を服用したが手足に力が入らなくなり、体が重怠くなったため中止。

漢方による原因分析)
動悸、胸のざわつき、頭部の圧迫感、上半身ののぼせと下肢の冷え、舌胖大、白滑苔などから水飲凌心、病院で心臓の弁の動きが悪いと言われており舌色が暗紅色から活血が必要と分析。

方針)温陽化飲、活血通絡

改善結果)
煎じ薬で苓桂朮甘湯に活血で紅花・赤芍・川芎・丹参、少し疏肝をするために香附子、不安感を鎮めるために平肝潜陽の牡蛎を加える。
1ヶ月後自覚症状はあまり変わりないとのこと、顔色に艶がでてきている。補腎陽の真武湯と咳が出そうな感じがするとのことなので半夏厚朴湯の合方にする。
2ヶ月後足の暑い時期でもこたつで温めるという冷えがなくなり、いつの間にか眠れるようになりマイスリーやデパスがいらなくなった。咳も出なくなり、胸のざわつき感が良くなった。

発症してから5ヶ月と期間が短いため早く結果が出せました。デパスなどを6ヶ月以上服用していると50%の方は常用量内依存ができると言われています。そのため、西洋薬を飲まなくても大丈夫な状態になるのは難しいです。病院で処方された加味逍遙散は更年期障害でよく使われる処方ですが、血虚という状態がないと的外れな処方になってしまいます。この方はのぼせがありますが、肝鬱からの化火が原因ではないので熱を冷ます牡丹皮・山シ子が入っている加味逍遙散で体調が悪化したのだと考えられます。更年期障害という同じ病名でも中医学的に分析してそれぞれの原因に適した漢方薬を選ぶことで体の反応がまったく違ってきます。

 

来局時41歳 医学的診断:子宮筋腫
主訴)7年前に子宮筋腫が見つかり経過観察してきた。年々大きくなり8~10cmが2個あるため手術を勧められた。できれば漢方薬で手術をしないですむようにしたい。

漢方による原因分析)
子宮筋腫は、瘀血もしくは痰湿が原因の場合が多い。体調や渋脈から瘀血が主な原因と分析。

方針)活血化瘀

改善結果)
煎じ薬で甲字湯を選び、血虚が少しあるため補血の当帰に塊を減らすために破血消腫の三稜莪朮を加える。
1ヶ月毎に便通や体調で生薬の割合を変え漢方薬開始3ヶ月後病院で検査。
筋腫2個は6~8cmに縮小し手術せず経過観察でよいと診断された。
子宮筋腫が小さくなり、体調も良くなったと相談者からとても喜んでいただいた。

同じ病名でも体質は様々であり、同じ処方でも体質に合わせて生薬を加減することでしっかりと結果が導きだすことができます。
子宮筋腫は閉経まで大きくなるので、今後も大きくならないように体のバランスを整えていくことが大切です。

 

 

小さい頃から冷え症でしもやけになったり、慢性的な肩こりや頭痛、最近は腰痛も出てきたとのことでした。
虚弱体質の改善目的で漢方薬を始めました。
1ヶ月漢方薬を服用したら、一生治らないと思っていた肩こりが楽になり腰痛はほとんど無くなったとのことで喜んでいただけました。

今回は、元々胃が弱く朝食前に胃の鈍痛があるのでそちらを改善したいとのことで漢方薬を調整しました。
胃の症状は病院で胃酸分泌抑制薬などをもらっても改善しないとのことで、漢方薬で少しでも良くなれば嬉しいです。

今から下の生薬を抽出機で煎じます。

dsc_0318

卵巣嚢腫があり倦怠感がひどいということで漢方相談に来られた方が漢方薬を服用して2週間で倦怠感が改善されてきたとのことでした。

漢方を標榜している病院にかかっていたが効果がみられないということで来局された方で、効果に時間がかかるかなと思っていました。
比較的短期間で改善の兆しが出てきたので良かったです。
また、もともと便秘気味だったのが、毎日軟便でお通じがあるようになったとのこでした。
そのため今回は潤腸作用のある桃仁の量を減らしました。
また、夏のせいか食欲が落ちているとのことなので、
補腎養血作用の熟地黄は胃腸への負担がありますが量は減らしたくなかったので、副作用予防の縮砂を足しました。それと白朮を足して様子を見ようと思います。
少しずつ体調を見ながら調整して漢方専門薬局に来て良かったと感じてもらえるようにしたいです。

余談ですが、下の写真の赤い生薬は紅花といいます。瘀血をとるためによく使われる生薬です。
キク科のベニバナの管状花です。匂いが独特です。煎じ機にかけていると室内に充満して妻からは気分が悪くなると言われます。しかし、この生薬が必要な体の方は、匂いが気にならず普通に煎じ薬が飲めるようです。不思議です。

1468984772794-784578757

めまい・倦怠感を減らして欲しいというご相談でした。
病院で子宮内膜症性卵巣嚢腫と診断されホルモン剤による治療をしているが、めまいなどがつらく日常生活に支障をきたしているとのことでした。

中医学の分析では、腎虚と血虚がひどい状態でした。
そのため漢方薬の治療方針は、補腎養血と嚢胞を改善する活血化瘀になります。
養血と化瘀の割合が重要です。
めまい・倦怠感を早く改善するために養血の割合を高くしすぎると瘀血がとれにくくなりチョコレート嚢腫に良くありません。
かといって瘀血をとる生薬を使いすぎるとめまい・倦怠感がひどくなる可能性があります。
今後体調を確認しながら漢方薬の調整をしていこうと思っています。

写真の生薬を煎じて、かすを取り除いてから養血作用の高い阿膠を溶かします。

14677878107561459672856

生理周期が40日以上に遅れることが多く、ひどい生理痛がある方のために

まずは生理痛を改善することを目的に調剤しました。

下腹部の臓器の瘀血をとる処方:少腹逐瘀湯に、補血と補腎の生薬を足しています。

1465178376648-936340782

これを今から生薬抽出機で手作りの漢方薬を作っていきます。

少しずつ体質を改善して、妊娠という目標を達成できることを期待しています。