来局時55歳 女性  医学的診断:更年期障害
主訴)動悸、不眠、のぼせ
5ヶ月前、疲れているとき運転をして過呼吸のような症状になった。それ以来、不定愁訴に悩み病院でミオナール50、ラベプラゾール10、グロリアミン配合、マイスリー5、デパス0.5などの治療を受けている。病院で加味逍遙散エキス顆粒を服用したが手足に力が入らなくなり、体が重怠くなったため中止。

漢方による原因分析)
動悸、胸のざわつき、頭部の圧迫感、上半身ののぼせと下肢の冷え、舌胖大、白滑苔などから水飲凌心、病院で心臓の弁の動きが悪いと言われており舌色が暗紅色から活血が必要と分析。

方針)温陽化飲、活血通絡

改善結果)
煎じ薬で苓桂朮甘湯に活血で紅花・赤芍・川芎・丹参、少し疏肝をするために香附子、不安感を鎮めるために平肝潜陽の牡蛎を加える。
1ヶ月後自覚症状はあまり変わりないとのこと、顔色に艶がでてきている。補腎陽の真武湯と咳が出そうな感じがするとのことなので半夏厚朴湯の合方にする。
2ヶ月後足の暑い時期でもこたつで温めるという冷えがなくなり、いつの間にか眠れるようになりマイスリーやデパスがいらなくなった。咳も出なくなり、胸のざわつき感が良くなった。

発症してから5ヶ月と期間が短いため早く結果が出せました。デパスなどを6ヶ月以上服用していると50%の方は常用量内依存ができるので、西洋薬飲まなくても大丈夫な状態になるのは難しいです。病院で処方された加味逍遙散は更年期障害でよく使われる処方ですが、血虚という状態がないと的外れな処方になってしまいます。この方はのぼせがありますが、肝鬱からの化火が原因ではないので熱を冷ます牡丹皮・山シ子が入っている加味逍遙散で体調が悪化したのだと考えられます。更年期障害という同じ病名でも中医学的に分析してそれぞれの原因に適した漢方薬を選ぶことで体の反応がまったく違ってきます。

 

来局時41歳 医学的診断:子宮筋腫
主訴)7年前に子宮筋腫が見つかり経過観察してきた。年々大きくなり8~10cmが2個あるため手術を勧められた。できれば漢方薬で手術をしないですむようにしたい。

漢方による原因分析)
子宮筋腫は、瘀血もしくは痰湿が原因の場合が多い。体調や渋脈から瘀血が主な原因と分析。

方針)活血化瘀

改善結果)
煎じ薬で甲字湯を選び、血虚が少しあるため補血の当帰に塊を減らすために破血消腫の三稜莪朮を加える。
1ヶ月毎に便通や体調で生薬の割合を変え漢方薬開始3ヶ月後病院で検査。
筋腫2個は6~8cmに縮小し手術せず経過観察でよいと診断された。
子宮筋腫が小さくなり、体調も良くなったと相談者からとても喜んでいただいた。

同じ病名でも体質は様々であり、同じ処方でも体質に合わせて生薬を加減することでしっかりと結果が導きだすことができます。
子宮筋腫は閉経まで大きくなるので、今後も大きくならないように体のバランスを整えていくことが大切です。

 

 

小さい頃から冷え症でしもやけになったり、慢性的な肩こりや頭痛、最近は腰痛も出てきたとのことでした。
虚弱体質の改善目的で漢方薬を始めました。
1ヶ月漢方薬を服用したら、一生治らないと思っていた肩こりが楽になり腰痛はほとんど無くなったとのことで喜んでいただけました。

今回は、元々胃が弱く朝食前に胃の鈍痛があるのでそちらを改善したいとのことで漢方薬を調整しました。
胃の症状は病院で胃酸分泌抑制薬などをもらっても改善しないとのことで、漢方薬で少しでも良くなれば嬉しいです。

今から下の生薬を抽出機で煎じます。

dsc_0318

卵巣嚢腫があり倦怠感がひどいということで漢方相談に来られた方が漢方薬を服用して2週間で倦怠感が改善されてきたとのことでした。

漢方を標榜している病院にかかっていたが効果がみられないということで来局された方で、効果に時間がかかるかなと思っていました。
比較的短期間で改善の兆しが出てきたので良かったです。
また、もともと便秘気味だったのが、毎日軟便でお通じがあるようになったとのこでした。
そのため今回は潤腸作用のある桃仁の量を減らしました。
また、夏のせいか食欲が落ちているとのことなので、
補腎養血作用の熟地黄は胃腸への負担がありますが量は減らしたくなかったので、副作用予防の縮砂を足しました。それと白朮を足して様子を見ようと思います。
少しずつ体調を見ながら調整して漢方専門薬局に来て良かったと感じてもらえるようにしたいです。

余談ですが、下の写真の赤い生薬は紅花といいます。瘀血をとるためによく使われる生薬です。
キク科のベニバナの管状花です。匂いが独特です。煎じ機にかけていると室内に充満して妻からは気分が悪くなると言われます。しかし、この生薬が必要な体の方は、匂いが気にならず普通に煎じ薬が飲めるようです。不思議です。

1468984772794-784578757

めまい・倦怠感を減らして欲しいというご相談でした。
病院で子宮内膜症性卵巣嚢腫と診断されホルモン剤による治療をしているが、めまいなどがつらく日常生活に支障をきたしているとのことでした。

中医学の分析では、腎虚と血虚がひどい状態でした。
そのため漢方薬の治療方針は、補腎養血と嚢胞を改善する活血化瘀になります。
養血と化瘀の割合が重要です。
めまい・倦怠感を早く改善するために養血の割合を高くしすぎると瘀血がとれにくくなりチョコレート嚢腫に良くありません。
かといって瘀血をとる生薬を使いすぎるとめまい・倦怠感がひどくなる可能性があります。
今後体調を確認しながら漢方薬の調整をしていこうと思っています。

写真の生薬を煎じて、かすを取り除いてから養血作用の高い阿膠を溶かします。

14677878107561459672856

生理周期が40日以上に遅れることが多く、ひどい生理痛がある方のために

まずは生理痛を改善することを目的に調剤しました。

下腹部の臓器の瘀血をとる処方:少腹逐瘀湯に、補血と補腎の生薬を足しています。

1465178376648-936340782

これを今から生薬抽出機で手作りの漢方薬を作っていきます。

少しずつ体質を改善して、妊娠という目標を達成できることを期待しています。