来局時34歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して3年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○足のほてり、冷え、腰痛、夜中のトイレ、生理周期が遅れる、基礎体温、脈などから腎虚
○口渇、経血の塊、イライラ、脈、舌、基礎体温から瘀血
○足のほてり、口渇、食べ過ぎ、イライラ、蕁麻疹などから陰虚傾向

方針)養血化瘀、補腎(先に補陰)
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と折衝飲加香附子益母草の煎じ薬。

改善結果)
1ヶ月目、漢方服用4日目で生理周期23日目に生理が始まる。前回の生理量が少なく基礎体温も一層なので不正出血の可能性。婦人科の受診を勧奨。多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)・潜在性高プロラクチン血症と診断される。
2~12ヶ月目、病院治療をインターバルで併用しながら漢方薬を調整していく。
13ヶ月目、自力で排卵できるようになっていたので、動物生薬を牡蛎肉製品に変更、その後妊娠陽性反応、胎嚢確認。

中医婦人科の基本アプローチである基礎体温を2相にすることを目標として、多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)で生理周期が遅れるため排卵誘発剤を併用しながら体づくりをしていきました。ご主人が単身赴任中でタイミングがとりずらい不利な環境もあり、体外受精を検討されていましたが、結果的に体外受精をせずに授かることができました。
少し期間が長くなりましたが、ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善し、自身の妊娠力を引き出せたことで妊娠に繋がったのだと考えています。

来局時31歳 医学的な不妊の原因:特にないがやや双角子宮である
不妊期間2年2ヶ月 一人目
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、疲れやすい、基礎体温などから腎虚
○頭痛、生理痛、感情変化、基礎体温、舌、便通2,3日に1回、血流計などから血虚による瘀血

方針)生理痛や頭痛で月10回程度鎮痛剤を飲んでいるので、まずは活血化瘀を中心に補腎充精をしていく。

改善結果)
亀板膠製品と折衝飲の基本処方に加減した煎じ薬を服用開始。
1~3ヶ月目、鎮痛剤の服用回数が半減(月5回程度)。その他の不調も改善しているので、補腎疏肝にポイントをもっていく。延胡索を中止し、党参・香附子を追加。亀板膠製品を牡蠣肉製品に変更。
4ヶ月目、頭痛で鎮痛剤を服用することもほとんど無くなったので、より活血から補う方向とする。桃仁・紅花・赤芍から茯苓・生姜・大棗・桂枝・白芍に変更。2週間後妊娠陽性反応。その後、順調に胎嚢・心拍確認。

5ヶ月の病院でのタイミング療法治療で妊娠しなかったのに、漢方薬で体づくりをして妊娠できたことに本人はビックリされていました。
原因不明不妊の場合、漢方薬で妊娠する方向に体を整えることが大切です。漢方薬は毎日続けていくことで少しずつ妊娠するための体力をつけていきます。そのため、妊娠力が不足して原因不明不妊となっている場合は、最適な漢方薬と養生で体を変えていくのが一番の近道です。

来局時35歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して1年5ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○冷え・むくみ、耳鳴り、排卵前オリモノの変化がない、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、動悸、感情面、舌、基礎体温から肝鬱瘀血

方針)養血化瘀、補腎
病院治療の効果を高めるための体づくり希望。肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠製品と養血化瘀疏肝で芎帰調血飲を基本処方で安神活血の丹参を加える。

改善結果)
1~12ヶ月目、基礎体温と体調を見ながら煎じ薬を調整し継続。パートナーの精子数が少なく運動率が悪いため人工授精を数回試みるも陰性。
13~14ヶ月目、動物生薬を牡蠣肉製品に変更、煎じ薬を調整がながら継続。
15ヶ月目、人工授精で妊娠反応陽性、胎嚢・心拍確認。

パートナーの精子数や運動率に問題があり、人工授精が必要なご夫婦でした。ご主人も漢方薬を飲んでいただきました。医師からは人工授精では厳しいかもと言われていましたが、体外受精をすることなく妊娠できました。期間かかりましたが、夫婦2人で協力して漢方薬で体づくりすることで妊娠に繋がったのだと考えています。

来局時31歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症、凝固第Ⅻ因子欠乏症
1人目を希望し5年
○来局時の不妊治療歴:人工授精6回、体外受精1回、顕微授精3回 

漢方による原因分析)
○下半身の冷え、むくみ、脈、移植4回とも陰性などからやや腎虚
○生理痛、凝固第Ⅻ因子欠乏症、舌、移植4回とも陰性などから瘀血

方針)治療を休んで3ヶ月間漢方薬で体づくりをして、凍結胚盤胞移植する予定。過去の胚移植ではグレードは良いが一度も陽性反応がでないとのことなので、中医婦人科の基本方針補腎温陽・活血化瘀を体質に合わせた生薬で徹底する。

改善結果)
1~3ヶ月、来局前の体外受精では、毎回、受精卵の分割スピードに問題なく、移植時に内膜の厚さも問題ないが陽性反応がでなかった。着床できる質の良い子宮内膜を作るために、養陰補陽のできる亀板膠製品と、煎じ薬は内膜の巡りをよくするため活血として折衝飲と補気で党参と疏肝活血の川玉金の処方で開始。処方調整しながら継続。
4ヶ月目、移植周期。移植周期になると不安感が強く、睡眠の質が悪くなるとのことなので、帰脾湯合四物湯に疏肝の香附子・蘇葉を加えた煎じ薬と動物生薬を亀板膠製品から牡蠣肉製品に変更した処方。その後、妊娠反応陽性、胎嚢・心拍確認。安胎薬は補腎を重点にした処方で継続。

来局する前の体外受精では、質の良い卵を何度も移植しているのに一度も陽性反応がでず、諦めかけていたとのことでした。移植に備え漢方薬でしっかり体づくりをして、初めての妊娠に繋がりました。
漢方薬を始めて生理痛が軽くなり、瘀血が改善して着床しやすい子宮になったと考えています。また、ストレスのかかる移植~判定の際、必要以上に不安にならないように、疏肝や安神作用のある生薬を使うことでスムーズに着床できたのだと思います。

来局時37歳 医学的な不妊の原因:左卵管閉塞、潜在性高プロラクチン血症、AMH1.67、子宮内膜症
1人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法 1ヶ月 

漢方による原因分析)
○むくみ、低AMH、甲状腺腫、生理周期が短い、肌の色、年齢などから腎虚
○左卵管閉塞、子宮内膜症、生理痛、舌、基礎体温などから瘀血

方針)補腎を2段階で。第一に腎陰を補ったのち、腎陽に取りかかる。加えて活血化瘀。病院治療は継続。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加香附子益母草の処方で開始。処方調整しながら継続。
7ヶ月後、初めての体外受精、初期胚1個、胚盤胞3個まで育ち1個胚盤胞を移植したが陰性。
10ヶ月後、子宮内フローラの検査でラクトバチルス菌が少ないことが分かり一貫堂竜胆瀉肝湯加益母草紫根と亀板膠製品を継続。
12ヶ月後、凍結胚移植予定のため安胎一号方加減を煎じ薬と製品で組むがすでに排卵していたため移植はキャンセル。
13ヶ月後、排卵が早まらないように党参を減らし補気目的に黄耆を加えて、ストレス対策で香附子を加えて凍結胚移植。妊娠陽性、1週間後に胎嚢確認。35歳以上で1人目のため安胎薬は補腎を重点にした処方で継続。

西洋医学的検査の結果を考慮しながら漢方薬を選んで体質改善をしていくことはとても重要です。体外受精をする前に漢方薬で体を整え妊娠力をつけられたことが、体外受精1回で成功に繋がったのだと思います。

来局時30歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して2年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法4ヶ月

漢方による原因分析)
○足・下腹部の冷え、オリモノの変化(-)、子宮頸部異形成、アレルギー疾患、腎炎の既往、基礎体温、脈などから腎虚
○頭痛、生理前後のニキビ、感情の起伏、左卵管高度狭窄、生理痛、血塊、舌、基礎体温などから瘀血
○睡眠中目が覚める、口渇、ふくらはぎがつる、血流計から血虚

方針)補腎養血、活血化瘀の漢方と効果を高める養生法を提案。

改善結果)当帰製剤、丹参製剤、牡蠣肉製品、水蛭製品をD12から開始。病院の内診で卵胞はまだ小さい。普段生理周期が25~26日だが、D29でも高温期が続いていたため妊娠検査にて陽性反応。水蛭製品のみ中止。1週間後に胎嚢確認。以降安胎の処方を継続。

漢方薬を開始する以前の基礎体温は高温期への移行がダラダラと数日かかっていた。服用開始後すぐ高温期へスムーズな立ち上がり、その後安定した高温期が継続し妊娠した。この方は、排卵や卵管采による取り込みがリズムよく機能していなかったのかもしれません。漢方薬を多めに使うことで一気に妊娠のするための機能があがったことが短期間での妊娠に繋がったと思います。

妊娠力は総合力です。数年間不妊だった方が漢方薬を開始直後の周期に妊娠されるというのは、珍しくありません。全ての歯車がかみ合ってうまく機能し始めるとあっという間に結果が出ることもあります。

来局時41歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH40代相応
1人目を希望し3年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:顕微授精3回 (4回胚盤胞移植のうち1回妊娠するが初期流産)

漢方による原因分析)
○体の冷え、手足のほてり、むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、腎機能障害の既往、脈、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、生理痛、おしりの痛み、舌、基礎体温などから瘀血
○口渇、肌の乾燥、目の疲れ、生理量が少ない、舌、脈から血虚
○食欲が一定しない、胸焼け、イライラしやすい、舌から肝鬱
方針)活血化瘀、補腎充精、疏肝の漢方薬をしながら、残っている凍結胚を移植するもしくは採卵して移植する予定。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
4ヶ月後、安胎一号加減の処方に変更し、以前の凍結胚盤胞を移植したが陰性。
5~11ヶ月後、六味丸料合補中益気湯加減と亀板膠製品を調整しながら採卵を2回し、グレードの良い胚が採れる。2回目の移植でhCGが2桁まで上がるが胎嚢確認できず。この頃には長年の悩みであったお尻の痛みが完全に消失した。
12ヶ月目、舌が赤く充血しておりホルモン剤が原因の虚熱と考え地骨皮、清肝と解毒の菊花を加える漢方薬で体を整えながら採卵し胚盤胞を凍結。
13ヶ月目、安胎一号加減にし、凍結胚盤胞移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢確認。
14ヶ月目、安胎のための補腎と養血の漢方を継続。

年齢が40代で焦りがあると言われていましたが、それでもこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で13ヶ月かけて妊娠されました。
長年悩まれていたお尻の痛みがなくなったことで着床障害の原因となる瘀血が改善できたこと、卵の質を上げるために補腎を続けていたことが妊娠するためのポイントだと考えています。

来局時43歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し6年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法24ヶ月、体外受精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、希発月経、年齢などから腎虚
○子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、肩こり、ひどい生理痛、舌、脈、基礎体温などから瘀血

方針)漢方を3ヶ月続けてから体外受精をしたいと希望があり、採卵まで活血化瘀<補腎充精。採卵後には活血化瘀>補腎充精

改善結果)
煎じ薬は芎帰調血飲第1加減に鼈甲製剤を1日2包。毎月生薬を調整し3ヶ月後には生理痛が軽減。
4ヶ月目自然妊娠し胎嚢は確認できたが心拍が確認できず流産。「とても残念だけど自然妊娠できたことは嬉しかった。この調子で体づくりに取り組んでいきます」とのこと。
6~11ヶ月目流産から体の回復を良くして体力をつけるための処方を調整しながら継続。
12ヶ月目採卵しグレード1の胚を凍結
13ヶ月目凍結胚移植⇒妊娠反応(+)その後胎嚢、心拍確認。

年齢的に焦りもあったと思いますが、不妊治療のストレスを感じさせない明るく前向きな方で、あまり神経質にならずコツコツと継続して頑張られた成果がでて良かったです。