3ヶ月の可愛い女の子です。ご家族で遊びにきてくれました!
漢方で体づくりを頑張られて無事に出産されました。
出産は大変だったようですが、産後のお母さんの体調も良いとのこと。
初めての育児で大変だと思いますが、元気に子育てを楽しんでいただきたいです。

元気よく泣く赤ちゃんの声、とても可愛くてこちらも元気が出ます。

来局時34歳 医学的な不妊の原因:なし
不妊期間5年 一人目
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、疲れやすい、顎のニキビ、基礎体温などから腎虚
○頭痛、生理痛、感情変化、基礎体温、舌などから瘀血
○便通4日に1回で硬い、目の疲れ、肌の乾燥などから肝血虚

方針)病院の検査では異常なし。漢方で体づくりをして妊娠をめざす。活血化瘀、補腎充精、補血

改善結果)
亀板膠製品と芎帰調血飲加白芍を服用開始。
1ヶ月目、生理痛なくなる。便通2日に1回に改善。高温期が綺麗になる。腎陽をさらに高めるため肉従蓉追加
2ヶ月目、基礎体温2層になってきた。低温期が変動するため牡丹皮を滋腎陰の女貞子に変更
3~9ヶ月目、体調により活血薬を益母草から丹参に変更など途中微調整
10ヶ月目、不妊治療専門の病院で再度検査を受けたところ、子宮内膜炎の診断、抗生剤による治療を受ける。その直後の周期で妊娠し胎嚢・心拍確認。

20代後半から不妊期間5年。化学流産も一度もなく少し焦っているものの、できるだけ自然な形での子宝を授かりたいと希望されていました。漢方薬を始めた直後から基礎体温とくに高温期が安定し、生理痛・便秘など不調も改善し、10ヶ月で自然妊娠されました。

来局時38歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症、排卵障害、右卵管閉塞
1人目を希望し2年5ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法1年6ヶ月、人工授精3回

漢方による原因分析)
○冷え、疲れやすい、年齢、基礎体温、舌、尺脈弱などから腎虚
○末端の冷え、卵管閉塞、感情変化、基礎体温、舌などから瘀血
○便通2日に1回、以前クロミッドで便秘になり薬が変更になった、血流計での面積が小さいなどから肝血虚

方針)漢方で体づくりをしながら病院治療を継続。活血化瘀、補腎充精、補血養肝

改善結果)
亀板膠、丹参、当帰製品を服用開始。
1ヶ月目、漢方開始前はザクザクと変動が大きく高温期がわからない状態の基礎体温だったが、漢方薬を始めてすぐに基礎体温が綺麗になりはっきりと高温期がでるようになる。生理前の頭痛はあったが下腹部痛は無くなる。
2ヶ月目、久しぶりに排卵誘発剤(クロミッド)を使用するとのことなので副作用予防で当帰製剤を増量して対応する。
3ヶ月目、プロラクチン値改善のためカベルゴリン中止。以前はあったクロミッドでの便秘など副作用が今回はなかった。クロミッド継続使用で人工授精し妊娠反応陽性、胎嚢確認。

比較的早く3ヶ月で妊娠できました。過去に人工授精を3回失敗しており、次駄目だったら体外受精を検討しようという段階で来局されました。人工授精での妊娠率は回数が増えるほど低下しますが、今回のように病院の治療を継続する場合でも漢方薬を組み合わせて体を整えれば同じ治療でも妊娠しやすくなると実感しました。「漢方薬を始めて本当に良かったです!」といって頂いて私も感謝いたしました。

男性の不妊症に対しては、有効な西洋医学的治療法が確立されていません。
男性不妊の場合、これといった自覚症状もなく、病院からの漢方薬を服用されていらっしゃる場合もありますが、ほとんどの方は効果を実感していません。

ですが、これまでの経験から漢方は男性不妊と相性が良いと思います。
ただし、その方に合った効果の高い生薬を選んで使うことが重要です。
精子濃度・運動率を改善したいということであれば、比較的短い期間で数値を改善できる場合が多いと思います。
男性の場合、女性の妊娠のメカニズムほど複雑ではないので、費用も女性に比べると少ないことがほとんどです。

【35歳精子濃度・運動率が低く、顕微授精を3回するが上手くいかない】

なるべく短期間で成果をだす為には、積極的に動物性生薬を使用します。
この相談者には、中国で生殖機能減退改善に使用される漢方を日本人の体質に改良した漢方薬を服用してもらい、加えて生活上の養生をアドバイスをしました。
約2ヶ月後に再検査したところ、
精子濃度⇒約5倍
運動率⇒約3倍
に改善しました。
その後の顕微授精でグレードの良い受精卵ができ、妊娠されました。

 

来局時36歳 医学的な不妊の原因:右卵管閉塞、AMHが低い(1.4ng/ml)、高プロラクチン血症
1人目を希望し3年1ヶ月
○来局時の不妊治療歴:人工授精5回、体外受精2回、顕微授精1回

漢方による原因分析)
○冷え、耳鳴り、顎のニキビ、髪の色艶、アレルギー性鼻炎、低いAMH、基礎体温、舌、脈などから腎虚
○手足の冷え、卵管閉塞、頭痛、軽い生理痛、基礎体温、舌などから瘀血
○食後の膨満感、軟便、アレルギー性鼻炎、舌、脈から脾虚

方針)漢方で体づくりをしてから体外受精をする計画。活血化瘀、補腎充精、補気健脾。

改善結果)
芎帰調血飲加黄耆の煎じ薬、亀板膠製品を服用開始。
生理前の頭痛はあったが下腹部痛は無くなり改善が見られたので、しばらくは体外受精せず体づくりを続けることにする。3ヶ月後から牡蠣肉エキスを追加。
6ヶ月経過し生理の状態は改善したが、基礎体温や生理前の不正出血が改善せず。生薬を調整しながら様子をみるが一進一退の状態だったので、9ヶ月目に煎じ薬の処方を全般的に見直し、補気と補血の効果が強い処方に変更する。十全大補湯加香附子女貞子補骨脂丹参と動物製剤を継続。徐々に不正出血のない周期がでるようになり、基礎体温が綺麗になってきた。
12ヶ月経過した時点で体外受精を再開。採卵結果はグレード1⇒2個、グレード2⇒1個を凍結。
胚移植に備えて、着床しやすく育てる力のある子宮にするため、煎じ薬は人参⇒党参、桂皮⇒桑寄生に変更し2ヶ月継続。その後2個凍結胚移植し妊娠反応陽性。なんと2個とも着床しており、そのまま胎嚢・心拍確認できた。

来局以前から複数回体外受精をされているが、一度も妊娠反応陽性がでたことのない方でした。1年かけて漢方薬で体づくりをして、体外受精を再開し無事妊娠となりました。生理の状態はすぐ改善でき体調も全般的に良くなったのですが、緩くなりやすい便や生理前の少量の出血や基礎体温表の形が改善しにくかった例です。
不正出血の病因病機は、湿熱内温、脾不統血、腎陰虚、瘀血内留などがあります。最初は胃腸機能の低下から脾不統血、冷えは自覚なく他覚的だったため腎陰虚から高温期に潜陽できず出血したと分析しました。期間がかかりましたが、自分のホルモンの力で基礎体温表が綺麗になってから不妊治療を受けたことが授かる為のポイントであったと考えています。

もうすぐ3ヶ月の可愛い女の子です。ご家族で遊びにきてくれました!

漢方で体づくりを頑張られて無事に出産されました。
産後も体力回復のために漢方サプリ続け、おやつとして上のお子さんと一緒にナツメを摂られています。
元気に子育てを楽しんでいただきたいです。

赤ちゃんの何ともいえない良い匂いとムチムチの感触はいいですね。元気をもらいました(^_^)

来局時34歳 医学的な不妊の原因:両卵管閉塞、AMHが低い(0.99ng/ml)
1人目を希望し1年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○お腹の冷え、足のむくみ、難聴、低いAMH、基礎体温などから腎虚
○卵管閉塞、軽い生理痛、経血の塊、舌、基礎体温などから瘀血
○手足の汗、イライラしやすい、舌、脈から肝鬱

方針)漢方で体づくりをしてから体外受精をする計画。活血化瘀、補腎充精、疏肝理気。

改善結果)
芎帰調血飲加青皮白芍の煎じ薬、亀板膠製品、水蛭製品を服用開始1ヶ月目で生理痛が改善。
2ヶ月目は、煎じ薬は破気薬など減らし肉従蓉などを加え、水蛭製品を中止し亀板膠を倍量に変更。
翌周期で採卵。5個受精卵ができうち分割が進んだのは2個。1個はその周期で新鮮胚移植したが着床せず。残りの1個は胚盤胞まで分割し凍結する。
移植に向けての体を整えるため、補陽のため桂皮などを追加し動物生薬を鹿茸製品に変更。更に効果を上げるためスクワレン製品を追加。2ヶ月後に凍結胚移植⇒妊娠反応陽性。その後胎嚢確認し、安胎処方に切り替える。

AMHが低いため(40代の数値)、体外受精は採卵個数を増やすより質の良い卵が採れることを目標としました。
採卵個数は予想より多かったのですが、新鮮胚移植では残念な結果でした。その後の凍結胚移植は漢方薬で体を整えて臨み、無事妊娠できました。
この相談者のように採卵スケジュールがすでに決まっていて短期間で体を整えたい時は、通常より多めに漢方薬を使った方が良いと感じます。中医学理論では補腎活血がベースですが、病院の治療の効果を高めるために、体質によって使う生薬を加減する事が大切です。瘀血の場所による活血薬の使いわけ、疏肝薬の使う時期、治療周期による補腎薬の種類や量の使い分けが適正だったのだと思います。再現性を高めるため追試していきます。

来局時28歳 医学的な不妊の原因:なし 一人目を希望して1年4ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法4回

漢方による原因分析)
○足の冷え、むくみ、首筋のこり、基礎体温などから腎虚
○基礎体温、舌などから軽い瘀血
方針)養血化瘀、補腎温陽
養血の四物湯に活血の丹参・鶏血籐、補腎の女貞子・山薬、化痰理気の陳皮を加味し、亀板膠・鼈甲膠製品を併用。

改善結果)
高温期の立ち上がりが良くなるように、肉従蓉や淫羊藿などの補腎陽薬と疏肝薬などを試しながら調整しました。基礎体温が比較的綺麗になってきた服用11ヶ月目に自然妊娠。その後胎嚢確認し、安胎薬に切り替える。

漢方薬での体づくり期間が11ヶ月となり、相談者から「そろそろ体外受精を考えています。」と話されていたところでの自然妊娠でした。できるだけ早く妊娠していただきたいので、自然妊娠、体外受精のどちらの方法でも良いと考えています。このご夫婦はまずは自然妊娠を目指したいと頑張られていました。目標達成のサポートできて良かったと思います。

来局時39歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、潜在性高プロラクチン血症、AMHが低い(0.3ng/ml)、卵巣機能低下(FSHが高い)
1人目を希望し4年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法6ヶ月、人工授精1回、顕微授精2回

漢方による原因分析)
○体の冷え、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、膀胱炎になりやすい、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、ひどい生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○よく汗が出る、胃がもたれる、便秘、疲れやすい、目の疲れ、子宮内膜が薄い、舌、脈から気血両虚

方針)漢方をしばらく続けてから顕微授精をする計画。血化瘀、補腎充精、補気養血。

改善結果)
漢方製品を組み合わせて服用開始。まもなく生理時に鎮痛剤を飲まないで過ごせるようになる。
6ヶ月継続後、1回目の採卵。8分割胚(グレード2~3)を1個凍結。その後2ヶ月製品の組み合わせを続けるも、脈弱が改善されないため煎じ薬(種子方加減)と亀板鼈甲製品に切り替える。2ヶ月継続後に凍結胚移植⇒陰性。
3ヶ月継続後、2回目の採卵。1個採卵でき授精したが分割が止まる。動物性生薬を紫河車製品と牡蠣肉製品に変更。ご主人も漢方薬の服用を始める。
3ヶ月継続後、3回目の採卵。2個採卵でき8分割胚(グレード1)と胚盤胞(4BC)を凍結。AMHが低いのでひき続き採卵することに。
3ヶ月継続後、4回目の採卵。1個採卵でき授精するも分割停止。採卵は中止して移植をすることに。
4ヶ月継続後、凍結胚移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢心拍確認。
安胎処方に切り替える。

30代から数年間不妊治療をして、40歳になるタイミングで漢方薬を始められました。来局以前から顕微授精をされていましたが、AMHが低く、採卵が難しい状況でした。年齢やAMH低いなどで焦る気持ちもあったと思いますが、地道にこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で1年10ヶ月かけて無事妊娠されました。悪い条件ながら諦めずに努力を続けた結果です。
AMHが低い場合でも、体を整え自身の妊娠力を上手に引き出してあげることで、限られたチャンスを活かすことが大切だと思います。

33歳 医学的な不妊の原因:軽度の子宮内膜症、AMH低い(40代の数値)一人目を希望して1年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○下腹部の冷え、むくみ、首筋のこり、基礎体温、舌、AMHが低いなどから腎虚
○ひどい生理痛、子宮内膜症、舌などから瘀血
方針)養血化瘀、補腎温陽
養血化瘀の桃紅四物湯に温補腎陽の桂皮・理気の香附子・活血の延胡索を加味し、亀板膠・鼈甲膠製品を併用。

改善結果)
あまり不調がなく健康的な方でしたが、軽度の子宮内膜症やひどい生理痛があることから、月3万円の予算で漢方薬を始めてもらいました。漢方薬を開始してすぐに基礎体温が全体的に上がる。1ヶ月後、生理が遅れたため病院を受診したところ妊娠、胎嚢確認。
漢方服用1ヶ月でめでたく妊娠されました。
子宮内膜症があったので、強めの活血薬などを使って一気に体に変化を与えてあげたことが、短期間で結果をだすことができたのだと思います。「悩んでいる皆さんに、漢方の良さを是非教えてあげて欲しい」と言って喜んでいただきました。