33歳 医学的な不妊の原因:軽度の子宮内膜症、AMH低い(40代の数値)一人目を希望して1年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○下腹部の冷え、むくみ、首筋のこり、基礎体温、舌、AMHが低いなどから腎虚
○ひどい生理痛、子宮内膜症、舌などから瘀血
方針)養血化瘀、補腎温陽
養血化瘀の桃紅四物湯に温補腎陽の桂皮・理気の香附子・活血の延胡索を加味し、亀板膠・鼈甲膠製品を併用。

改善結果)
あまり不調がなく健康的な方でしたが、軽度の子宮内膜症やひどい生理痛があることから、月3万円の予算で漢方薬を始めてもらいました。漢方薬を開始してすぐに基礎体温が全体的に上がる。1ヶ月後、生理が遅れたため病院を受診したところ妊娠、胎嚢確認。
漢方服用1ヶ月でめでたく妊娠されました。
子宮内膜症があったので、強めの活血薬などを使って一気に体に変化を与えてあげたことが、短期間で結果をだすことができたのだと思います。「悩んでいる皆さんに、漢方の良さを是非教えてあげて欲しい」と言って喜んでいただきました。

43歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し6年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法24ヶ月、体外受精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、希発月経、年齢などから腎虚
○子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、肩こり、ひどい生理痛、舌、脈、基礎体温などから瘀血

方針)漢方を3ヶ月続けてから体外受精をしたいと希望があり、採卵まで活血化瘀<補腎充精。採卵後には活血化瘀>補腎充精

改善結果)
煎じ薬は芎帰調血飲第1加減に鼈甲製剤を1日2包。毎月生薬を調整し3ヶ月後には生理痛が軽減。
4ヶ月目、生理予定日を過ぎていたため検査をしたら妊娠反応陽性。その後、胎嚢確認。
安胎処方に切り替える。

この方は、もともとは体外受精を予定していたのですが、その前に自然妊娠されました。
漢方では42歳が腎虚の目安なので漢方薬も最初から補腎の生薬を多めに使用しました。結果から見ると補腎の生薬を増やすことが40代で妊娠するには必要でないかと思います。

来局時36歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、チョコレート嚢胞、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し3年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12ヶ月、人工授精2回、顕微授精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、髪の質感、採卵の個数などから腎虚
○子宮内膜症、肩こり、ひどい生理痛、経血の塊、舌、脈などから瘀血

方針)活血化瘀、補腎充精

改善結果)
2種類漢方薬製品を4ヶ月服用。体調変化が乏しくやや血虚があるため養血調経の漢方薬製品を1種追加。
8ヶ月目で生理痛がほとんどなくなる。その後も漢方薬を続けながら、タイミング療法や人工授精を継続するも妊娠しないため一旦治療を中止し漢方薬のみ継続。
その後、治療をステップアップして体外(顕微)受精することに。煎じ薬(種子方加減)と亀板・鼈甲製品を2ヶ月続けてから採卵。
採卵数 前回(漢方薬開始以前)2個⇒今回13個に増え、うち受精卵10個。グレードの良い受精卵複数ができた。
4個を凍結。2個を新鮮胚移植⇒陰性。
凍結胚移植にむけた子宮内環境づくりに取り組むため、煎じ薬は三稜・莪朮の破血薬を使用し、亀板・鼈甲製品を増量。移植2週間前~移植日までは破血の水蛭製品を追加。また、補腎を亀板・鼈甲製品から温腎の紫河車製品に変更し、1回目の凍結胚移植⇒陰性。
中国では、胚移植の反復失敗例は子宮内膜の感受性低下があると考えて益腎気通胞脈の二補助育湯を使って治療するので、これを参考に10味の生薬を選んだ煎じ薬と亀板・鼈甲製品を継続。(二補助育湯の組成は補骨脂・葛根・升麻・巴戟天・桑寄生・続断・牛膝・何首烏・鶏血籐・鬱金)
調整しながら4ヶ月継続し、2回目の凍結胚移植⇒陽性。後に胎嚢確認。
安胎処方に切り替える。

目標達成まで2年4ヶ月かかりました。来局する前からだと不妊期間は5年4ヶ月です。諦めずに頑張ってきた結果がでて本当に良かったです。これまでで最長期間の妊娠例で、私自身も改善できる方法はないか中医学の書籍を読みあさり成長させて頂きました。今後はこの方と同じような胚移植の反復失敗例に二補助育湯を追試して効果を検討したいと思います。

34歳 医学的な不妊の原因:チョコレート嚢胞、子宮内膜症、AMH低い(40代の数値)一人目を希望して2年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12回

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、めまい、首筋のこり、腰痛、疲れると血尿、チョコレート嚢胞、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、肌のシミ、子宮内膜症、舌、基礎体温から瘀血
○汗をかかない、肌の乾燥、眼精疲労、血虚、
方針)養血化瘀、補腎温陽
腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀で芎帰調血飲を基本処方で温補腎陽の桂皮を加味し、不要な大棗などを減らしました。

改善結果)
漢方薬開始して1ヶ月目から体調も改善していき処方の生薬を妊娠力を効率よくつけるために調整していきました。服用3ヶ月目に1回目の人工授精で陽性反応。その後「胎嚢確認できました」と連絡頂きました。
婦人科の先生から「AMHは40代の数値なのに、1回目の人工授精で妊娠できてすごいね」とびっくりされたとのこと。相談者から漢方薬でカラダづくりしていたおかげです、と喜んでいただけて私も嬉しかったです。