41歳 二人目不妊
医学的な不妊の原因:なし 
○来局時の不妊治療歴:顕微授精4回

妊娠を希望して4年。漢方で体調を整えて、不妊治療の成果を出したいと来局。

 漢方による原因分析)
○足の冷え、足のむくみ、首筋のコリ、耳鳴り、めまい、オリモノが少ない、妊娠糖尿病、基礎体温などから腎虚
○軽度の生理痛、経血の塊、基礎体温、などから瘀血

方針)活血化瘀と補腎益精の2種類の漢方薬と併せて効果を高める養生法を提案。

改善結果)遠方からの相談者の方でしたので、来局できない時は電話でやりとりして調整しながら、粘り強く17ヶ月漢方薬を継続していただきました。42歳で妊娠、43歳で無事女児を出産されました。第一子妊娠中に妊娠糖尿病になり、二人目の時も覚悟されていたそうですが、二人目の時は妊娠糖尿病にならずにすんだそうです。産婦人科の先生もビックリだったようで何かしたのと聞かれたそうです。「自分でも思い当たるのは漢方薬を続けていたことだけなので、漢方薬にすごく感謝しています。」とおっしゃっていただき嬉しかったです。

45歳 医学的な不妊の原因:卵管閉塞 1人目を希望して2年
○来局時の不妊治療歴:顕微授精4回、病院から処方された温経湯を服用

漢方による原因分析)
○手足・下腹部・下腹部の冷え、疲れやすい、首筋のこり、鼻炎などアレルギー疾患、基礎体温、舌などから腎虚
○卵管閉塞、シミ、基礎体温などから瘀血
○目の疲れ、便秘、動悸、生理周期が遅れやすいなどから血虚

方針)まずは採卵で質の良い卵が取れるように滋陰補腎、養血化瘀。
採卵後は胚が着床しやすいように子宮内環境を整える温陽補腎、養血化瘀。

改善結果)
牡蠣肉などの漢方製剤で補腎、養血調経の漢方薬、瘀血の程度は軽いが卵管閉塞があるので破血薬の水蛭入り漢方製剤を開始。
2ヶ月後、舌先紅があるので補腎薬を亀板膠・鼈甲膠製品に変更。また破血薬から活血薬に変更
3ヶ月後、服用後採卵。胚盤胞まで成長し凍結。

4ヶ月後、移植前の不安感を取り除く為、安心作用のある真珠と蛙の輸卵管などを配合した補腎製品に変更。
5ヶ月後、前回処方を継続しながら凍結胚移植⇒妊娠。その後胎嚢・心拍確認。

高齢の方でしたが、ご自身が持っている妊娠力をうまく引き出すことができました。
年齢を戻すことは出来ませんが、漢方薬の体づくりで妊娠する力を取り戻すことは可能であると思います。40代の方は若い方よりも必要な漢方薬が多く予算がかかりますが。できるだけ良い結果をだせるようにサポートします。

41歳 医学的な不妊の原因:高プロラクチン血症、子宮内膜が6~7mmで薄く着床しにくい可能性 妊娠を希望して2年9か月、

○治療歴:タイミング療法24回・人工授精2回。病院で漢方薬(温経湯)処方 、マカ、ザクロなどサプリメントを服用していた。

 漢方による原因分析)
○手・脚・お腹の冷え、むくみ、耳鳴り、オリモノ、生理周期が早い、高温期の期間が短いなどから腎虚
○経血の色、子宮筋腫、肩こり、基礎体温などから瘀血
○汗をかかない、睡眠の質、眼の疲れなど血虚

方針)鹿角製品で補腎温陽、田七人参製品で活血化瘀、当帰製品で補血調経の漢方を処方。併せて食事の栄養バランスを整える栄養補助食品、効果を高める養生法を提案。

改善結果) 1~3か月目、徐々に体調の改善がみられご本人も喜んでいました。
しかし、年齢的に妊娠が難しいのではと不安になっていらっしゃいました。
4か月目から人参・当帰・阿膠の漢方薬を増やし、より積極的に体質改善を後押しすることにしました。
7か月目に妊娠反応陽性の連絡あり、安胎処方に切り替え。
後日、かかりつけの産科医を受診した際、医師から「2年も不妊治療してダメだったのに何をしたの?」と聞かれ漢方薬のことを話したら「漢方ってすごいね!」と言われたと教えて頂きました。 私も本当に嬉しいお知らせでした。
今後は流産予防のため体を整えていくことが大切です。
ご相談者は年齢のことをとても気にされていました。
しかし、大切なことは年齢よりもいかに良い体づくりをしているかということだと思います。