伝統漢方と現代医学薬学を駆使した「独自子宝漢方メソッド」一歩先を行く先進の不妊漢方で妊娠率83.3%を達成!!

不妊治療だけでは解決できない、授かる体づくりのお手伝い
ココロとカラダにやさしいさつま薬局の不妊漢方相談

さつま薬局の「不妊漢方相談」のご案内です。
当薬局ではこれまで多くの不妊治療でお悩みの方に、目標達成のお手伝いをしてまいりました。

その結果、当薬局の継続的なカウンセリングと漢方を服用された方の83.3%が、目標を達成されています。
これは、さつま薬局の独自漢方メソッドによるものです。
不妊治療でお悩みの方は、ぜひ一度さつま薬局へご相談ください。体外受精にむけた体づくりや男性不妊も対応します。

不妊漢方をサポートさせていただく漢方トレーナー
不妊漢方の専門家だから安心
  • 妊娠に必要な条件とは
  • 改善・妊娠報告
  • 不妊漢方よくある質問
  • 不妊症の中医学的方法
  • 中医理論による治療例
  • 基礎体温表

こんな思いを抱かれていたご夫婦が授かりました

不妊治療の成功率を高めたい!
 
体外受精を勧められているが、迷っている
 
やっぱり自然妊娠したい!

妊娠報告

嬉しい報告が続々届いています!
妊娠報告イラスト01

35歳女性/多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)人工授精4回した不妊状態から妊娠

妊娠を希望して4年、排卵誘発剤やホルモン剤を使用したタイミング療法、それで結果がでずステップアップして人工授精を4回、今も不妊治療で通院中。病院治療との併用希望で平成26年11月に来局 … 続きを読む

妊娠報告イラスト03

41歳女性/タイミング療法2年人工授精2回、子宝漢方で自然妊娠

妊娠を希望して2年9か月、タイミング療法24か月・人工授精2回したが妊娠せず漢方の体づくりで自然妊娠を希望して来局。マカ、ザクロなどサプリメント、病院で漢方薬(温経湯)を服用していた。 … 続きを読む

妊娠報告イラスト02

30代後半女性/体外受精 子宝漢方との併用で妊娠

タイミング療法⇒人工授精⇒体外受精と治療をされるが妊娠せず。病院治療と併用して、鍼灸や他の漢方薬局にも通われていたが妊娠せず、さつま薬局に来られました。 … 続きを読む

妊娠報告イラスト01

35歳女性/高プロラクチン血症で顕微授精4回した不妊状態から自然妊娠

医学的な不妊の原因 潜在性高プロラクチン血症 少し排卵障害がある。妊娠を希望して6年、AMHが低く40代前半の値、人工授精4回、体外受精1回、顕微授精4回不妊治療を続けても未妊、妊娠に向けての体づくりで平成26年6月来局 … 続きを読む

妊娠報告一覧

不妊漢方にはこんなメリットがあります

項目をクリックすると、詳細をお読みいただけます。

経済的な負担が軽減される

漢方は、高いというイメージをもたれている方も多いと思います。
確かに安くはありませんが、病院の不妊治療に比べると経済的な負担は軽減されます。
例えば、体外受精一回分の費用(約35万円)で、漢方なら約一年続けることができます。
また、体外受精をする予定であれば、漢方で質の良い卵と子宮環境を整えることで、少ない回数で成功し費用が軽減されます。

飲みやすい漢方薬なので続けやすい

当局の漢方は、ご相談者お一人お一人の体質に合わせて配合したオーダーメイド漢方である「煎じ薬」。手軽に服用出来るように専用の機械で煎じて1回分ずつ真空パックしてお渡ししています。煎じ薬の味が苦手な方には、原料や加工法を吟味した効果の高い漢方製剤を組み合わせて処方しています。

(煎じ薬について)

煎じ薬は、生薬そのものを煮出して服用するため、漢方薬のなかで最も効果が高く、お一人お一人に合わせた処方が可能です。
しかし、自宅で煎じる手間やコストの問題で、現在病院で処方される医療用漢方は、手軽なエキス顆粒や錠剤がほとんどです。これらは、服用や保管に手間がかからず、大量生産が可能なので価格も安いのですが、加工の際に一部成分が失われ、煎じ薬に比べ効果が弱いという欠点があります。

例えば、豆から入れたコーヒーとインスタントコーヒーとの違いを想像していただければ、わかりやすいかと思います。味・香りともに全く違いますね。漢方薬は成分はもとよりその味や香りにも、効果があると考えられています。
せっかく漢方で体質改善を始められるのであれば、香り高く、効果の高い煎じ薬を飲んでいただきたき、漢方本来の力を実感して欲しいと考えます。

さつま薬局では、お一人お一人の体質に合わせて配合したオリジナルの漢方薬を、専用の機械で煎じて、服用しやすいように1回分ずつ真空パックしてお渡ししています。(常温45日保存可能)
煎じ薬は効果が高い反面、ご家庭で漢方薬を煎じるのが面倒くさい・時間がない、匂いが気になる、などの理由で敬遠される方も多いです。また、煮出す際の火加減や時間により、有効成分がうまく抽出されなかったり分解したりすることがありますが、当局では漢方薬の専門家が責任を持って抽出するので安心です。手間や時間をかけずに効果の高い煎じ薬を続けられます。

心や体の調子がよくなる

漢方を服用することで体全体の状態を整えていきますので、生理痛・頭痛・肩こり・肌荒れ・便秘・冷えなど体の不調が改善されたり、ホルモンのバランスが整うことでイライラしにくくなったり、睡眠が改善されたというお声を多くいただきます。
心身ともに健康であることが、妊娠しやすい体につながります。不妊治療のストレスや薬の副作用の悩みにも適しています。

生理周期・生理量や期間・生理痛・排卵日のおりものなどが改善される

不妊の原因に、ホルモン値・排卵・卵子の取り込み・子宮内膜の異常が挙げられます。
漢方は、代謝・自律神経・ホルモンのバランスを整えてくれます。これにより、生理の状態や精子が子宮内に移動するために必要なおりもの(子宮頸管粘液)の状態が改善されることで、自然と排卵や子宮内膜の状態が整えられていきます。

基礎体温表のグラフがきれいになってくる

高温期が短い…二層になっていない…急にガクンと下がったり、ガタガタしている…など基礎体温に関するお悩み。
また、ホルモン剤の服用で基礎体温が乱れてなかなか良くならないという方も多いです。基礎体温に悩みがある方々から、「漢方を始めてからグラフがきれいになった!」というお声をいただきます。
基礎体温と月経の状態を併せて見ていくことで、妊娠しやすい体への変化がご自分でも分かります。
体外受精などの高度生殖医療を行う場合には、少しでも妊娠しやすく赤ちゃんが育ちやすい母体への変化が期待できます。

じっくり相談できる1日5組限定の完全予約制

不妊漢方相談は完全予約制です。
お一人ずつ丁寧な問診を行い、東洋医学的な見極めをします。
問題点や改善すべき点を知っていただき、「なぜ妊娠できないのか」ではなく「どうすれば妊娠できるのか」を考えます。そのうえで相談者に最適なプランを立てていきます。もし、漢方の効果に不安や疑問をお持ちであればきっちりとお答えします。

相談者に最適なプランを立てたら、さつま薬局独自のメソッドで目標に向かって体質改善に取り組んでいきます。継続的に体調変化や漢方の効果を確認しながら処方を調整しますので、「今どの段階なの?」「大丈夫なの?」ということはありません。

通院の負担が軽減し時間を節約できる

病院の不妊治療は、月に何度も通わなければならないことも多く、待ち時間などでかなりの時間を必要とします。
一方、漢方は初回約1時間のカウンセリングが必要ですが、その後は月1回のカウンセリング(15~30分)だけです。お仕事で時間に余裕がない方や上のお子様の育児で忙しい方も自分のペースで続けていらっしゃいます。
なお、遠方などで毎月の来局が困難な方には、2回目以降は電話での相談や注文に対応しています。

病院の不妊治療と併用

当局の相談者の9割は既に病院で不妊治療をされており、来局後、漢方だけに切り替えられる方と、病院治療と漢方を併用して体質改善に取り組まれる方と両方いらっしゃいます。漢方薬での体質改善は、病院治療とは全く異なるアプローチですが、併用することで病院治療の効果を高め、結果として妊娠するまでの期間が短くなり、赤ちゃんとの新しい生活へ早く進むことが出来ます。体外受精などの高度生殖医療を受けられる場合においても、卵子の質や子宮内環境など体の状態を良くしておくことはとても重要なことです。

さつま薬局の特徴

選ばれる理由No.1

西洋医学×東洋医学=質の高い効果

さつま薬局では、長年の処方箋調剤(西洋医学)の経験から、病院治療の効果を高める漢方(東洋医学)の提案ができます。
西洋医学と東洋医学両方の長所を融合させ、より良い結果を導きます。

選ばれる理由No.2

1日5件までの丁寧な漢方相談

さつま薬局の漢方相談は、一人ひとりのお悩みをしっかり分析したいので、1日5件まで(完全予約制)と限定させていただいています。
継続的なサポートで、体質改善を効果的に進めることができます。

選ばれる理由No.3

手軽に服用できる「こだわりの煎じ薬」

厳選した生薬を専用の全自動生薬煎じ機で効率よく抽出し、品質にムラがでないよう1回分ずつ真空パックにして、お渡ししています。
自宅で煮出す手間がないため、毎日の服用が手軽に行えます。

さつま薬局3つの特徴

不妊漢方相談の流れ

不妊漢方相談をご希望される方へ、不妊漢方相談の流れをご紹介いたします。
お一人お一人に時間をかけてじっくりとご相談します。

ご相談者によって必要な漢方薬は異なり、量や組み合わせも異なります。
不妊漢方相談では相談者のお悩みを伺い、その方の症状・体質を東洋医学的に分析することで、お悩みの原因を取り除くために最適な漢方・養生法を提案します。

はじめての方

ご予約

当局の漢方相談は完全ご予約制です。事前にご予約ください。

ご来局

予約時間の10分前までにお越しください。
問診票を記入していただきます。

【ご来店の際にご持参いただくもの】
  • 基礎体温表
  • 病院の検査結果
  • お薬手帳

など、今までの治療が分かるものをご持参ください。

ご相談

東洋医学的にお客様の現在の状態を分析し、漢方の視点から詳しく説明します。
また、最適な漢方薬の提案と予算を説明します。(約1時間)

漢方・養生法の説明

提案した漢方薬で体質改善を始められる場合は、漢方薬の詳しい説明、さらに食事・睡眠・運動などの養生法をご説明します(約15分)

2回目以降の方

2回目以降の相談は、15~30分程度です。気になることなどご相談下さい。
体調の変化や基礎体温、病院の検査結果などをふまえて、漢方の調整をし、東洋医学的養生のアドバイスをいたします。

定期的な相談を継続し、体質改善がなるべく早く進むようにサポートします。

不妊漢方相談の料金について

さつま薬局の不妊漢方相談、漢方薬の料金の目安をご紹介いたします。

初回相談料 3,500円(税込)  

初回相談では、妊娠・出産に必要な体づくりのための体質診断をし、漢方薬でのアプローチ法の説明します(約1時間)。
※当薬局の漢方薬で体づくりをする場合は別途漢方薬代が必要です。

漢方薬代

《1ヶ月分の目安》
 20代:2~3万円 30代:3~4万円 40代:4~5万円
※子宮内膜症・子宮腺筋症・多嚢胞性卵巣症候群・子宮筋腫等がある場合は+0.5~1万円/月
体外受精・胚移植のための体づくりは+1~2万円/月
漢方薬の費用・期間について詳しくご覧になりたい方は不妊漢方のよくある質問をご覧下さい。

不妊漢方相談のご予約はコチラから

電話からのご予約
メールフォームからのご予約