来局時39歳 医学的な不妊の原因:多囊胞性卵巣症候群、排卵障害
2人目を希望し2年2ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法17ヶ月、人工授精7回、体外受精1回 

漢方による原因分析)
○冷え、ほてり、腰痛、首筋のこり、耳鳴り、多囊胞性卵巣症候群、年齢、基礎体温などから腎虚
○肩こり、暗紅舌、舌下静脈怒張、基礎体温などから瘀血
○安静時の疲労感、目の調節障害、イライラしやすい、弦脈から肝鬱
方針)病院治療を続けながら体づくりを希望。数ヶ月したら体外受精予定。疏肝化瘀、補腎充精でストレス耐性を高めて妊娠力をつけていく。

改善結果)
煎じ薬で芎帰調血飲加丹参白芍と亀板膠製品を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
4ヶ月目、軟便のため煎じ薬の当帰を鶏血籐に変更し潤性のない補腎薬女貞子を加える。ショート法にて15個採卵でき、顕微授精にて10個の受精卵ができ、そのうちグレードの良い胚盤胞を2個凍結。
5ヶ月目、育児休暇が終わり仕事復帰したところ、体力・精神面ともにきつく、軟便や下痢が続く。煎じ薬を中止し、牡蠣肉製品、鹿茸製剤、帰脾湯の製品の組み合わせに変更する。
6~15ヶ月目、仕事量が多く、ストレスが大きくかかる状態のため、処方を調整しながら、体調を整えることに専念。
16~20日ヶ月目、一人目はタイミングで授かったのでできれば自然妊娠を希望し、タイミングや人工授精を続ける。軟便・下痢気味ではあるものの体の状態は徐々によくなり、以前より仕事の疲れが残らなくなっている。
21ヶ月目、体調が安定しており次周期で凍結胚移植をすることに。牡蠣肉製品、霊芝製品、丹参製剤、生脈散を服用。
22ヶ月目、同処方継続。凍結融解胚盤胞移植。妊娠陽性反応、その後胎嚢・心拍確認。出産まで、流産予防の安胎処方を継続。

相談者は体づくりを始めてまもなく仕事復帰されました。上の子供の育児に加え、仕事量の多さ・ストレスで、一時は心身のバランスを崩してしまいとても心配しました。漢方で徐々に余力のある状態になっていき、基礎体温表も綺麗になりました。結果的に1回の凍結胚移植で妊娠できました。
女性がフルタイムでの仕事をされながらの二人目不妊の場合、仕事や育児に忙しく余力のない状態になっている方は少なくありません。二人目不妊の主な原因は、年齢的な問題だけでなく一人目の出産育児で消耗している場合が多く、漢方薬で体を整えることで本来の妊娠力をとりもどすことができます。

来局時34歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、潜在性高プロラクチン血症 一人目を希望して3年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○足のほてり、冷え、腰痛、夜中のトイレ、生理周期が遅れる、基礎体温、脈などから腎虚
○口渇、経血の塊、イライラ、脈、舌、基礎体温から瘀血
○足のほてり、口渇、食べ過ぎ、イライラ、蕁麻疹などから陰虚傾向

方針)養血化瘀、補腎(先に補陰)
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と折衝飲加香附子益母草の煎じ薬。

改善結果)
1ヶ月目、漢方服用4日目で生理周期23日目に生理が始まる。前回の生理量が少なく基礎体温も一層なので不正出血の可能性。婦人科の受診を勧奨。多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)・潜在性高プロラクチン血症と診断される。
2~12ヶ月目、病院治療をインターバルで併用しながら漢方薬を調整していく。
13ヶ月目、自力で排卵できるようになっていたので、動物生薬を牡蛎肉製品に変更、その後妊娠陽性反応、胎嚢確認(双子の赤ちゃんでした)。

中医婦人科の基本アプローチである基礎体温を2相にすることを目標として、多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)で生理周期が遅れるため排卵誘発剤を併用しながら体づくりをしていきました。ご主人が単身赴任中でタイミングがとりずらい不利な環境もあり、体外受精を検討されていましたが、結果的に体外受精をせずに授かることができました。
少し期間が長くなりましたが、ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善し、自身の妊娠力を引き出せたことで妊娠に繋がったのだと考えています。→双子の男の子を出産されました。

来局時34歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
不妊期間10ヶ月 一人目希望
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○疲れやすい、顎のニキビ、腰痛、基礎体温、PCOSなどから腎虚
○末端の冷え、感情変化、基礎体温、舌などから瘀血

方針)病院から治療のステップアップを勧められているので、漢方で体づくりをしながら病院治療をしていくことに。活血化瘀、補腎軟堅で排卵しにくい体質を改善していく。

改善結果)
亀板膠製品と芎帰調血飲加白芍女貞子杜仲を服用開始。
1~7ヶ月目、季節や体調に合わせて調整しながら漢方を継続。
8ヶ月目、弱かった脈が力強くなる。その周期で妊娠陽性反応、その後胎嚢確認。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のため排卵しにくい体質を漢方でカバーしながら、排卵誘発剤を使ってタイミングをとって妊娠することができました。漢方薬と養生をこつこつと続けられて不利な条件ながらもしっかりと自身の妊娠力を引き出すことが出来ました。→元気な男の子を出産されました。

来局時28歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、高プロラクチン血症 一人目を希望して1年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月

漢方による原因分析)
○足の冷え・むくみ、腰痛、生理周期が遅れる、大学生の時2年間無月経だった、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、喘息、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、右卵管狭窄、ひどい生理痛、脈、舌、基礎体温から瘀血
○頻繁にできる口内炎、厚舌苔胖大舌から脾虚体質
方針)養血化瘀、健脾補腎
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀健脾で芎帰調血飲を基本処方で理気活血の延胡索を加え、益母草を増量。

改善結果)
1ヶ月後、真冬だが朝起きたときに体が温かくなっているのを感じる。同処方継続1ヶ月分。
5ヶ月後。転勤で県外に引越したため漢方薬を3ヶ月間中断していた。久しぶりの来局。基礎体温がギザギザと変動が大きく2層になっていない。不妊治療は休んでいる。35日目だが生理が来るか心配。咳も続いている。環境変化によるストレスと瘀血による無月経を改善するため折衝飲に疏肝の柴胡と肺気の鬱滞を除き下腹部の気の流れを整える桔梗を加えて1ヶ月分処方。それでも生理来ないときは病院受診するよう促す。
6ヶ月後。48日目に生理。生理痛少し。咳あり。ストレスで歯ぎしり。折衝飲に補腎陰の熟地黄麦門冬、疏肝で香附子、解鬱・涼血の川玉金を加える。
7ヶ月後。基礎体温が2層になる。喘息の薬は続けているが咳がでる。折衝飲合養陰清肺湯。
8ヶ月後。以前は3日間痛み止めが必要だった生理痛が1日程度になった。ニキビ、吐き気、基礎体温の低温期が高くなっているので少腹逐瘀湯に袪湿の平胃散。
9ヶ月後。生理痛半日程度。吐き気、咳治まっている。手の乾燥あり。養精種玉方加減。
10ヶ月目に自然妊娠、心拍確認。

医学的な不妊の原因となる病名を多く持っている方です。一時は生理も遅れがちで基礎体温も2相になっていませんでした。県外へ引っ越しで、環境変化によるストレスから体の状態がなかなか整わない時期もありました。こつこつ良いことを積み重ねて、自身の妊娠力を引き出し自然妊娠することがました。ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善することで妊娠に繋がったのだと考えています。

33歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 二人目を希望
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法1回

漢方による原因分析)
○足の冷え、夜のトイレ、耳鳴り、生理周期が遅れる、遅めの初潮年齢、脈、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、舌、基礎体温から瘀血
○汗をかかない、肌の乾燥、眼精疲労・充血、ふくらはぎがツル、イライラ、生理周期の遅れから肝血虚、
方針)養血化瘀、補腎養肝
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀で芎帰調血飲を基本処方で補肝腎陰で女貞子などを加味し、不要な乾姜などを減らしました。

改善結果)
漢方薬を始めたその周期に妊娠陽性反応。その後、胎嚢確認。
2人目不妊の場合、出産や育児のダメージをカバーして余力のある状態へ導くのがポイントです。相談者は30代前半と若くバランスが大きく崩れていない方でしたが、月3万円以上の予算で十分な漢方薬を使って短期間で妊娠されました。

 

34歳 医学的な不妊の原因:子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 二人目を希望して1年4ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法8回、人工授精3回、

漢方による原因分析)
○足の冷え、体の浮腫み、夜のトイレ、腰痛、下肢への放散痛、舌、基礎体温などから腎虚
○のぼせ、ひどい生理痛、経血の塊から瘀血
○不眠、肌の乾燥、眼精疲労、舌、脈から血虚
方針)養血化瘀、補腎

改善結果)
漢方薬開始直後の人工授精で化学流産。流産したものの今までの治療では全く妊娠しなかったので、漢方薬で妊娠力がついてきていると本人が感じており、前向きに体づくりを続ける。
その後、漢方薬は継続し、再度人工授精して妊娠。胎嚢・心拍確認。

2人目不妊の場合、1人目の出産による「腎」「血」の消耗や「瘀血」が原因の場合が多いです。また育児による睡眠不足や疲労で妊娠する余力がない状態になっている場合もあります。ですので、その方の状態に合わせて漢方薬を上手に使うことで妊娠できる状態まで体を整えてあげることが大切です。

31歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 一人目妊娠を希望して3年
○不妊治療歴:タイミング療法6回、人工授精4回、

漢方による原因分析)
○足の冷え、下腹部の冷え、などから腎虚
○下腹部の冷え、生理痛、経血の塊肩こり、シミ、イライラから瘀血、
方針)活血化瘀、補腎

改善結果)
これまでに人工授精を数回繰り返すもうまくいってなかった。
漢方開始後ホルモンの値が今までより良くなり、直後の人工授精で妊娠。
服用開始わずか1ヶ月のスピード妊娠となりました。
この方のように病院治療でうまくいかなかったのに、漢方で比較的短期間で妊娠される方がいらっしゃいます。
停滞している状況を、漢方薬で後押ししてあげることで体の状態が変わり、結果につながっています。
上手に漢方を使うことで、本来の妊娠力を引き出していけるよう頑張ります!

35歳 医学的な不妊の原因「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」 妊娠を希望して4年

○治療歴:タイミング療法数回 人工授精4回、  
○不妊治療を続けながら漢方薬で体づくりをしたい

漢方による原因分析)
○足の冷え、体のむくみ、舌の状態、基礎体温の安定しない高温期から腎虚、
○手足先の強い冷え、のぼせ、経血の塊、ひどい生理痛、舌下静脈の軽い腫れ、変動の大きいガタガタした基礎体温から瘀血、

方針)鹿角製品で補腎温陽、田七人参製品で活血化瘀の2種類の漢方薬と効果を高める養生法を提案。 ご自身で服用していた黒酢・高麗人参などサプリメントは全て中止してもらい、漢方薬のみで体調をみることに。

改善結果)
漢方薬を開始して1ヶ月目で手足の冷えや生理痛の症状の改善。翌月、漢方服用2か月目の人工授精で妊娠。 その後、補腎の漢方薬のみ継続。      

※多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方の妊娠例はコチラ